「偽り」は必ず露わになります。偽る気持ちをなくして本物の努力を

イルミナティがゴムマスクをして影武者だらけだと書きました。

もう既に死んでいたり、力がなくなっているからこそゴムマスクという仮面を被ってでも元気に装っているわけですが、そんな彼らの「偽り」の化けの皮が すべてはがされました。

自分自身を変えようとするかではなく、いかに偽るかを考えて生きてきたか。

彼らのことを調べるほど一層露わになりました。

しかし、この事は、彼らだけでなく、誰もが心のどこかに抱えていることなのではと気付きました。

政治家やイルミナティ達は、ゴムマスクを被ってでも元気な「ふり」をしているわけですが、

彼らは昔から、いかに「良い人」を装うかに心血を注いできました。

仮面を被るまではいかなくても、 「偽善」 も同じ事だと言えるのではないでしょうか。

コロナが危ないからワクチンを接種するようにと、一見国民を救いたいと思わせて、有害なワクチンで人殺ししてている現実を見るだけでもお分かりかと思います。

聖書の中では、イルミナティの先祖である「ファリサイ派律法学者」がどれほど偽善者であるかが書かれてあります。

これだけ先祖の代から偽って生きてきた人達ですから、

日常生活の中で「偽善」と言う仮面を被ることが当たり前になっているのだと思います。

しかしその考えは、イルミナティだけでなく、私達の心の中にもないでしょうか。

ここからは、自分の話になってしまいますが、

私は、人によく見られることを良いことだと思って生きてきました。

恥ずかしながら、おそらく人一倍そのような思いが強かったと思います。

御言葉で、「偽善」が罪だと知った時は、その考えをなくそうと思いましたが、自分が長い間当たり前のようにその考えを持って生きてきてしまっていたため、すぐにまた出てきてしまうのです。

それを根気よく悔い改めてこそ真に清くなれると仰られました。

RAPT有料記事393(2019年7月29日)心の清い振りをしながら一生を生きるより、最初から心を清めて一生を生きる方がずっと楽だ。そして主は、真に心を清めた人だけを義と認められる。

しかしその時は自分の心の奥の奥まで悔い改めようとせず、

自分では神様の為に行っていたと思っていても、心のどこかで「早く結果を出したい」「人によく見られたい」と言う気持ちが先行して、目に見えることばかり行ってしまっていた時期がありました。

ですが それは御言葉に反していることであり、 神様は「楽をして得ようとする考えは罪」 だと仰られています。

RAPT有料記事298(2018年7月30日)この世に楽して成功できる方法は一つも存在しない。真の実力を身につけた者だけが成功できる。

いくら見た目だけ良いことをしても、罪の気持ちで行えば、それはいずれ露わになるのだと、私自身裁かれたことで気付かせて戴きました。

しかし、自分がそれを行っているときは「偽善」だと気付かなかったのです。

「偽善」の意味を本当の意味で悟れていなかったのと、

自分の心を偽っていたのだと思います。

1つ言えるのは、「偽善」には必ず「偽り」の気持ちがあること。

イルミナティ達も、先祖の代から 偽ることを当たり前のように行っている者達で、それが悪だとも思っていないのかも知れません。

自分の心をも偽っていることすら気付いてないのかも知れません。

そう思うと哀れにすら思えてきます。

私も裁かれましたが、御言葉で、悔い改める事を知ることができたことが本当に救いです。

彼らも一応悪魔に対し努力をしてきたと思いますが、それは偽りの努力であり、

本物の努力、それは神様の為の努力をする人に完全に負けたと言うことです。

そして実際に、嘘や詐欺や偽ってばかりして生きてきた者達は、その素性が

ゴムマスクだと暴かれると共に、あらゆる偽りが露わになりました。

どれほど恥ずかしいことでしょうか。

自分の中の間違った「考え」を正さなければ、どんなに自分なりに努力をしたと思っても、行き着く先は彼らのような末路になりまねません。

私自身、自分の「偽り」が露わになったときは恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

今、コロナでワクチンを接種した人達が亡くなったり、副反応で苦しんだり、悲惨な状況になっています。

ですがそれは、真実を求めてこなかった、ある意味楽をして生きてきたことが原因だと言えるのではないでしょうか。

もちろん仕事を頑張ってこられたり、子育てを頑張ってこられたり、努力してこられた方は沢山いらっしゃると思います。

しかし、世の中の人が考える努力と、この世の中を作られた神様から見た努力とは、全く違うのだと、御言葉で知りました。

悪人達があまりにも、人間が神様に繋がらないように、救われないように常識や考え方の善と悪をごちゃごちゃにしているからなのです。

本物の考えは、「御言葉」しかありません。

RAPTさんが嘘偽りのない本物の努力をひたすらされてこられたからこそ、「偽り」が露わになりました。今までは本物がいなかったから、悪を行ったほうがかっこいいとか、得をするというような世の中になっていましたが、

これから違います。

真実と真理を求め、「本物の考え」=「神様の考え」=「御言葉」に従って生きるしか、確かな道はないのです。

コロナによって、誰もが生き方を見直す時がきているのではないでしょうか。

私もまだまだですが、この御言葉に出会わなければ、人生に右往左往して、不安と心配の中で生きていたと思うと、本当に救いの奇跡の御言葉だと思います。

神様は、真剣に悔い改めようとする人を赦して下さり、悔い改めの道、命の道に導いて下さります。

コロナだけでなくこの世の中のあらゆる常識が間違いだと知っていただき、

本当の努力をして、霊肉共に満たされた生き方を知って戴きたいと願い、

また、自分への戒めの意味を込めて、 書かせて戴きました。

コメント