コロナパンデミックの予言(計画です)

歴史と世の中のカラクリ

今回のコロナパンデミックは漫画やアニメ、小説など色んな所で予言されていました。予言と言うより、彼らの計画なのですが。

その予言をまとめてみました。

 

 

①AKIRA

まず一番有名なのがこの漫画ではないでしょうか。30年も前に描かれたものです

  • WHO、伝染病対策を非難
  • 東京オリンピック開催延期

AKIRA予言

  • 大友克洋監修のアニメ映画『MEMORIES』(メモリーズ)の冒頭に出てくる宇宙船の名称がCORONA

corona

【AKIRA予言】2020年東京オリンピック中止、伝染病、第三次世界大戦【次は何が起きる?】

 

9月入学までも予言されていたとTwitterに上がっています

 

②シンプソンズ

シンプソンズがコロナウィルスを予言?トムハンクス感染も予言していた

シンプソンズ

新たなウィルスをでっち上げようなんて話している場面も。

流通が減って石油が余り、ガソリンが安くなりましたからね。

 

③小説「闇の眼」

1981年に発表されたディーン・クーンツの小説

闇の目予言

40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた史上最強の創造上の生物兵器は中国武漢の研究室で作られた。その兵器の名前は「武漢 – 400」

 

④ドラマ「アンナチュラル」

2018年1月放送したドラマ。第一話「名もない毒」の回。

アンナチュラルコロナ

『アンナチュラル』第1話がやばい!コロナウィルスを予言していた!

 

『不自然死』がドラマのテーマである「アンナチュラル」

今回の実際のコロナのニュースの中で、変死体がコロナに感染していたなんてニュースもあり、どこまでかぶせてくるんかい!と思いましたよ。

PCR検査まで出てくるそう。

しかも、この回でコロナに感染して死んだ高野島という人物が生前ウィルスをばら蒔いたとして、その家族がネット上で猛バッシングされるという内容らしいのですが、

今のこの世の中を連想させるというか、そうなるように誘導しているというか。自粛させたいが為のあちら側の願望としか思えないですね。

 

⑤高嶋哲夫著「首都感染」

首都感染

 

  • 中国からウィルスが発生し日本へ来るところ
  • 総理が東京封鎖を決断
  • ワールドカップ開催中の設定らしいですが、オリンピック延期と似ていますね

高嶋

 

コメント