本当の『生きがい』とは

本当の『生きがい』とは

私は今個性才能を伸ばす喜びに溢れて日々過ごしています。

言い方を変えると、その喜びを正しい形で取り戻すことができました。
私は今から10年程前でしょうか、料理や裁縫にものすごくはまった時期がありました。
ですがその熱は完全に冷めてしまい、もうそれから何年も無気力になり、適当に安い物を買って過ごすという日々が続いていました。
その原因は、子供が生まれて時間が無くなったというのもありますが、途中までは本当に好きで夢中になってやっていた事も、ある程度いくと、結局自分の技術を高めてどうしたいのか?自慢するためなのでは?と、どうしてもそこにたどり着いてしまいました。そんな自分が嫌になってやめた部分が少なからず根底にありました。

そんな自分の考えが根底から変わったのは、RAPTブログを読んだからでした。

子供が生まれ、「本物の教育」がしたい、歴史や世の中の真実が知りたいという思いで、陰謀論を読みあさっていた時期が5年ほどありました。どの説もなるほどと思う部分はあるのですが、どれも最後の最後がどうも腑に落ちない。どの記事や本を読んでも同じでした。ですが、RAPTブログを読み進めていった時、「これだ!と、やっと本物にたどり着いた」と思い感動したのです。
このブログを読むと、今まで私たちが習ってきた歴史がいかに嘘だったか、世の中のカラクリの真実が、そして更に読み進めると真の生き方まで知ることができます。

RAPTブログでは、政治・経済・歴史などの一般記事の他に、有料記事で霊界や神様のお話について、誰も語ることができなかった話をして下さっています。なぜそれをRAPTさんが語ることができるのか。読み進めていくと分かります。

専業主婦の私はなかなか有料記事を買うに踏み切ることができませんでした。

命を守る生き方。捨てることで家族を守るということ
私がRAPTさんの有料記事を購入するきっかけになったのは今年の5月でした。 3年ほど前から一般記事は読んでいましたが、ずっと気になってはいたものの、専業主婦である私はなかなか購入するに踏み出せませんでした。 しかし、川田さん、N...

でも買って読み始めると、『なんでもっと早く買わなかったのだろう!!』と後悔しそうになりましたが、後悔しても時間は戻らないので、ひたすら夢中に読み進めました

RAPTブログ有料記事に出会う前まで、無気力で堕落した生活を送っていた私は、脳神経外科に受診しようと思ったほど、脳が働かないことに悩んでいました。油が悪いからというので食事を変えてみたり、脳トレや計算ドリルをやってみたり。どれもほとんど続きませんでした。ですがその答えも全てこのブログにありました。
それまでは脳に常にモヤがかかったような状態で、一つのことを考えても、一本の筋が通らない。考えが脳のどこかに迷い込んでしまう。当時は本当に病気ではと思っていたほどでしたが、今では脳がすっきりして、自分でもこんなにきびきび動けるようになるなんてと、嬉しくてしょうがないです。

このブログで言われている真の生き方とは、世の中で一般に言われている「あなたはこのままでいいんだよ」というような、一見耳障りの良い、生易しい言葉ではありません。むしろ、そのような言葉に惑わされて生きてきたから堕落してしまったのです。厳しいですが、どこまでも本物の愛の御言葉です。
だからこそ、どこまでも忠実に実践していけば確実に真の実力がつき、この疲弊しきった世の中でも、日々喜びをもって生きることができるのです。

まずは真実を知ることです。真実を知り、考えが変われば行動も変わります。行動が変われば人生が変わります

RAPTさんが解かれた真実や生き方を、私自身の経験や悟ったことを交えながら分かりやすく伝えていければと思っています。

 

なぜ私が喜びを取り戻せたか。それはこの世を本当に良くしたいと思ってくださる神様のため、私たち人間を救いたいと愛を与えて下さる神様のために、自分の力を使いたい!と思えたからです。

 

まだこの世の真実やRAPTブログを知らない方にとって、このブログがあなたの運命を変える一歩となりますように。

RAPTさんのされてきたこと(1)~神道・仏教の悪について~
私がここまで生きる指針としているRAPTブログとは一体何が書かれているのか 勿論直接見ていただくのが一番ですが、RAPTさんが解かれてきた事はとても範囲が広く、全く知らない方のためにできる範囲で説明させていただきたいと思います...
RAPTさんのされてきたこと(1)~神道・仏教の悪について~
私がここまで生きる指針としているRAPTブログとは一体何が書かれているのか 勿論直接見ていただくのが一番ですが、RAPTさんが解かれてきた事はとても範囲が広く、全く知らない方のためにできる範囲で説明させていただきたいと思います...