御心を探すことで、忘れていた自分の人生について気付く事ができました

女性

神様が一人に一つ与えてくださった個性才能と同様、私達がそれぞれ為すべき御心があると、RAPTさんが教えてくださいました。

RAPT | RAPT有料記事135(2017年1月7日)

それを聞いた時、私は自分が為すべき御心がどういうものなのか全く分からず、とにかく祈り求めました。
こんな私が神様の為に出来ること、私にしかできないことって何だろうと、ずっと考えていました。

そんな中、伝道をする為には、一般記事の知識も必要だと感じ、RAPTブログ一般記事を読み直していた時のこと。

東出融から、「鎮守の森プロジェクト」という団体に繋がり調べた所、そのメンバーがなんと、私の通っていた大学に関わってるメンバーと一緒だということに気付いたのです。

https://twitter.com/green34921235/status/1186877984768065536?s=21

確かにその大学は細川護熙が学長になったり、RAPT理論を知ってからは、怪しなとは思っていましたが、ちゃんと調べた結果、完全に黒だということが分かりました。

自分の中では本当に衝撃でした。

その大学は、東大や京大、早稲田、慶応などのように有名ではなく、芸大ですが、その中でも知られていないような大学です。

同時に、当時の授業内容や、周りの様子などを思い起こしました。

そういえば、「性同一性障害の人の気持ちを分かりましょう」みたいなジェンダー論という授業や、イエス様が虐げられる「パッション」という映画を見る授業、二酸化炭素が悪いという環境論の授業など、RAPT理論でやった、悪人の洗脳だと思われる授業ばかりだったと、思い出したのです。

変な授業だなと、その時は感じてはいましたが、芸大だから多様性があるのかな、というくらいに思っていました。

しかし完全にそれが洗脳目的だったとの事実が分かった時、私はこんな悪の中で生きてきたのかと、唖然としてしまいました。

ですが、その時ある考えが頭に浮かびました。

もしかしたら、私が生きてきた人生で関わってきたものは、全て悪だったのではと。

私は自分の人生を思い起こしました。

幼少期住んでいた場所、通ってた塾、転勤先の場所など

私は霊肉共に苦しい幼少期を過ごし〔これについては違う機会に書くかもしれません〕実家、地元を離れたいという一心で地元を離れた京都の大学に入りました。

それは、親が学歴主義で、とにかく大学には行けと言われたのと、普通の大学では自分が駄目になると感じ、絵の勉強をして、自分が入れる芸大に入ったのです。

そしてここも悪で、就職先は転勤が多く、結婚相手も転勤があるので、割と色んな地を転々としてきました。

これも今だから分かるのですが、名古屋では出雲族と思われる団体〔稲田性が2人もいました〕に出会い、光を下ろせるという神主の資格をもつ人に出会い、一万円するカタカムナ講座に誘われたり〔笑〕

そのような記憶を、全て思い起こしたのです。

これに気付いた時、私はまた暫く呆然としてしまいました

ですが、ふと、

自分はこんな悪に囲まれながらも、よく生きてこられたなと。自分が生きているのが本当に奇跡だと

心から思えたのです。

そしてそれはまさしく、悪人の上には神様が望んでいらっしゃったからだと、神様の存在を物凄く感じ、私を生かしてくださった感謝の思いで涙が溢れ出ました。

思えば精神が破綻する前に、何度も助けられたり、危ないタイミングで転勤になったり。芸大に入ったものの、完全に落ちこぼれて、芸大出身というのも恥ずかしいので今までも人に言う事もなかったですが、落ちこぼれたからこそ、本当の悪の道に進まずに済んだのだと思います。

私は幼い頃から間違えった教育を受け続け、本当に苦しんだことがあり、親に対して恨みすら抱いていた時期もありました。

ですが、逆に間違った教育を受けてきたからこそ、大人になり、真実を知りたいという思いが強くなり、RAPT理論に出会えたのだと。

全てが今に繋がっていることに気付いたのです。

ですが、子供が生まれ、子育てで最後の苦痛を味わってからは、子供がある程度大きくなるとだいぶ落ち着いてきたので、自分がそのような人生を生きてきたことなどすっかり忘れていました。

そしてまた、ある事に気付きました。

私が出会った悪の情報を、自分の体験を交えながら、RAPT理論をより詳しく伝え、そこから神様の道に導くことが、私が神様の為に出来る事ではないか、

そう頭に浮かんだのです。

実際、私は3年前にRAPT理論を知り、

内容を夫に伝えてはいましたが、俗世間的な夫はその時だけは「へー」と言って聞くものの、ずっと「我関せず」という態度でした。時には「またその話か」と嫌そうな態度をとられることもありました。

ですが今年に入り、私が御言葉を読み始めてから、そのように実体験を交えて夫に話す事で、夫が明らかに変わってきたのです。

私が話す度に夫も色々と思い当たる部分があることに気付いたようで、「あれはそういうことだったのか」と気付いたり、「〇〇はどういう意味なんだろう?」と私に聞いてきたり。

私が御言葉を読む前、悟る前は夫は全く受け入れなかったのに、私が御言葉を読むようになり悟ったことで、少しずつですが確実に夫が受け入れてきたのを目の当たりにしました。

その点から見ても、改めてRAPTさんが「悟る」事が大事だと仰られた意味が分かり、同時に、こんな私でも神様の役に少しでも立つことが出来たと、嬉しい気持ちになるのです。

神様の御心を成したいと祈り求めたことで、自分の人生を、まだまだ完全ではありませんが、悟ることができ、また神様の愛を一層感じる事ができました。

これに気付くことができたのは、RAPT理論を知るだけでなく、有料記事を買い、御言葉を読むようになり、祈り求めたからです。

今まで開かずの扉だった私の中の引き出しを、神様が引き出してくださったのだと感じました。

そして神様の為に、人を救うために引き出すと同時に、必ず新しい情報や悟りを与えてくださります。

その悟りが、まさに神様からの愛だと感じるのです。

RAPTさんがよく、神様と人間の関係はギブ&テイクだと仰られていますが、これが愛し合うということなのかなと、次元はまだまだですが、少し分かってきたような気がしました。

ですが私は夫1人伝道するのに、また友人にも伝えましたが、御言葉を読むまでにはいかず、もちろん相手にもよりますが、伝道する事の難しさを本当に実感しています。

なのでRAPTさんがここまで沢山の兄弟姉妹達を伝道してくださったのに、どれだけ苦労されたのだと感じました。

それは、RAPTさんが神様の為に誰よりも沢山の苦難を乗り越えて来られたからこそ沢山の事を悟り、神様と愛し合ってくださったからこそだと。

そして、誰でも人生苦しい思いをした経験が必ずあると思います。御言葉にたどり着いた時点で喜びに変わった人も沢山いるかと思いますが、悟る事で、無駄ではないと思える日が必ず来るはずだと思うのです。

私は御言葉を読むことでそう思えました。

そして、私はこの先また苦難があったとしても、それを乗り越えることで、より神様との愛が深まるのだと考えて、乗り越えていけたらと思います。

RAPT | 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

前回の証

1.個性才能 〜「分かる」「悟る」体験を沢山したからこそ 〜
https://twitter.com/green34921235/status/1186102960318636033?s=21

2.命を守る生き方。捨てることで家族を守るということ
https://twitter.com/green34921235/status/1187593770105098240?s=21

3.「実践」することで神様の心情を分かるようになり、神様に近づいていることに気付きました
https://twitter.com/green34921235/status/1188683884247994370?s=21

コメント