本当の幸せに導いて下さるのは神様だけ。苦しみや困難から救って下さるのは神様だけ。人間に頼るのではなく神様に頼る生き方。

素晴らしい生き方

2019年6月に信仰を持って約2年になります。


自分の罪による神様の裁き、サタンから霊魂をやられてしまったこと、どん底から悔い改めの日々を経て、神様の愛を悟るまで、今思うと割と短期間ではありましたが、この期間に学んだことが沢山ありました。

この事を通して神様は私を、試してくださったのを感じました。

沢山の間違いを犯してしまい、信仰者として本当にお恥ずかしいですが、罪に気付かないまま生きる事の恐ろしさを身を以て悟りました。


私が経験した事を通して、これから信仰を持たれる方や、信仰から脱落しかけてしまっている方に少しでも励みになっていただければと思いました。
またこれから信仰生活を送る際に気を付けていただきたいことをお伝えしたくて、書きたいと思いました。

実は私自身、苦しみの中で兄弟姉妹の証に励まされました。
次は私がこの経験を通して恩返ししなさいと神様に言われてる気がして、決心致しました。


信仰をもってから、祝福や奇跡のような事も沢山あり、本当に神様が与えて下さったんだな、神様はいらっしゃるのだな、と感じて生きていました。こんな愛があったんだ!と御言葉に出会った喜びを噛みしめる日々を送っていました。

そこから信仰生活を送り、霊的に鈍感な私は、罪を悔い改めることにも鈍感になってしまっていてサタンと同調していた事にも気付かなかったのです。

あるショックな出来事があったのをきっかけに、自殺しようと思ったほどの苦しみが襲いました。


具体的に何があったのかは今は控えさせてください、、、いつかお話できる時が訪れるかもしれません。

地獄に落ちかけた所で泣き叫びながら神様に祈り求め、悔いる私を引き上げてくださったと本当に思いました。

その日から、とにかく自分の何が悪かったのか、御言葉を1から読み直し、悔い改め、祈り、神様から握っていたものを捨てるよう要求され、時に痛みを伴いながらも捨てる日々が始まりました。
少しずつではありますが、行う程確実に身が軽く、罪がないって本当に素晴らしい生き方なのだなと実感しました。
RAPT有料記事125(2016年12月3日)神様が与える祝福とサタンが与える祝福の違い。

しかしまだまだ、今も進行中です。

同時に神様からの練達だと感じました。

詳しい経過はまた別に記事にしたいと思います。

その後も回復するまで信仰を何度も失いかけました。神様の愛を疑ってしまいました。

その度に祈り求め、神様がサタン的な考えを正してくださいました。

そんな日々を経て、結果的に神様なしでは絶対に生きていけない事を悟りました。



なぜこうなってしまったのか、1から御言葉を読み直していく中で、「これだ!」と思う事があまりに沢山。全て御言葉通りだと分かりました。こんなに御言葉で警告してくださっていたのに、自分はここの部分は大丈夫だろう、と無意識に思っていたのです。

御言葉を読み直し、自分は大丈夫だと思っていた部分ほぼ全てが今回の原因に当てはまっていた事が分かりました。
(異性の罪は除きます)

サタンからの攻撃がどうくるか、どう対処するか、心の在り方全てが、今まで生きてきた時の経験や考えがまだ抜けきれていなかったのです。

しかしそこから立ち直る事が出来たのもこの御言葉のおかげでした。
1から読み直し御言葉に従順に従おうと決めて、できる限り実践しました。
 
まだまだ全てできてるわけではありませんが、行いたいと求めながら実践しようともがく日々です。

でも今は絶対に神様を信じて生きる道が確かな道であり、最高の生き方だと思っています。

ここまで回復しました。

私は全てを失ったと思いました。

しかし信仰を保てたのはなぜか。

自分に対する自信は全くなくなりましたが、

【この御言葉は絶対に神様から出た言葉であり、RAPTさんが数々の練達を受け、神様を第一に愛されたからこそ宣布された神様の御言葉である事】



これだけは絶対に確信していたからなのです。



ただ、自分が御言葉に従っているつもりでざる耳になっている事があまりに習慣化しすぎて、ズレていたことに気付きませんでした。


しかし神様の御力だけは確信していました。



それはこうなる前に何度も神様の御力の偉大さを悟り、実際に祝福を受けていたから。というのもそうですし、RAPTさんを通して起きた事を見てきた事。聖書を読んで神様の偉大さを悟った事などからです。


全て失ったと思っていましたが、かろうじて「1」残っていた事で、命を取り戻す事ができました。


なので、この事が自分の間違いによって起きた事で、自分はだめだけど、本気で悔い改めれば必ず神様の御力があれば立ち直れる。と信じていました。



毎日罪に気付かせてくださり悔い改め、捨てるべきものを捨てるように神様が導いて下さいました。

サタンがきたら神様に必死で祈る日々。こうなる前はサタンに霊的にやられることがなかったので日中必死で祈る事がほとんどありませんでした。
だから日中の祈りは形式的になっていたかもしれません。

しかし霊的に敏感になった私はサタンがくると苦しいので、もう必死で求めます。

すると必ずサタンを退治してくださるのが分かりました。

サタンが来るたびに神様に祈り求め、御言葉を読み罪に気付き明け方悔い改め、少しずつ清められていくのが分かりました。

そんな日々を経て思いました。


私を本当に救ってくださり、助けてくださるのは神様しかいない。

人間では絶対に代わりになれないと。


サタンは人間に助けを求めるようにしむけてくるのです。私もほんの一瞬ぐらつきました。
しかし聖書で神様でなく、人間に頼った人が全て失敗したのを読んでいたので、ぐっとこらえてひたすら神様に頼りました。


神様は必ず助けてくださります。改めて人間に頼らなくて良かったと思いました。

人に頼っても一時は励まされ気が休まるかもしれません。しかしそれがいつまで続くは分かりませんし、人間の心はコロコロ変わります。
それは皆さんも、ご自分に対しても、周りの人に対しても思う部分
があるのではないでしょうか。
しかし神様はそんな事はありません。行なった分だけ必ず報いて下さる方です。

それは良い事も悪い事もです。神様が喜ぶ事をすれば祝福してくださり、罪を犯せば裁かれます。

人間に頼っても本当の救いはないことを御言葉でも伝えて下さっています。



毎日罪に気付かされ、その都度悔い改め、捨てるべきものに気付かされ、
捨てるタイミングも御言葉を与えて下さるタイミングも、もう絶妙だと思いました。
過去の御言葉なのに、今隣で神様が私の為に書いてくださって私が見られるようにしてくださったのではと思う程です。

そのように神様の中で生きている実感が持てるようになるに連れて、少しずつ自信が持てるようになってきました。


その繰り返しで2ヶ月経て、ふと思いました。




神様はこの世の誰よりも、学校の教師より、親より、どんな賢そうな人より
真に私を正しい道に導いてくださる、育ててくださる教育者だと。



神様は私達一人ひとりがどうしたら本当の幸せになれるか、それぞれの個性に応じて自分自身よりも誰よりもご存知なのだとRAPTさんが御言葉で教えてくださいました。

RAPT有料記事267(2018年4月14日)主から導き育てられる人は、人生に意味のないことが起きることがなく、良いことも悪いことも全てを益にして生きることができる。

そんな人はこの世にはどこにもいません。

この世の人達全ての人が、神様から導かれる生き方ができればどれ程確かな道で、素晴らしい生き方だろうと思ったのです。

神様が、神様を信じ愛する私たち人間を愛して下さっているからこそ助けて下さるのです。

神様から助けていただき、正しい道に導いていただくためには

神様を正しく愛さなければいけない。と改めて思いました。

それはこの御言葉で神様の考えを学び、従順に従うこと。この道しかないのですね。




愛の概念をサタンは間違った概念を植え付けてきました。

しかし、神様を愛する道以外本当の幸せはありえません。



自分がサタンからやられる中で、サタンがどれ程罪に罪に誘惑してくるかを改めて感じ、必死で自分をチェックし、ずれないように求めるようになりました。


聖書を読むと、神様を信じる人が罪を犯すシーンがよくでてますが、なんでこんなに騙されてしまうのだろうと不思議でした。

しかし今回の件で、どれだけサタンが強力に神様を信じる人を地獄に落とそうと狙っているかを身を以て分かりました。

RAPTさんがそんな中で、霊的サタンにも地上では工作員に散々苦しめられながらもズレずに練達に全て耐えてくださり全てに打ち勝たれた事がどれ程の奇跡か分かりました。

その壮絶な過程を経て与えてくださる命の御言葉です。

RAPT有料記事 (rapt-neo.com)

日々神様から導いていただき、助けていただくためにも、神様を愛する生き方を1人でも多くの人が知っていただき、本当の幸せに導かれますように。

コメント