フラットアース~これを見れば宇宙がないと分かる!NASAの動画と写真で露呈した「劇団NASA」の正体

前回の記事では、地球は球体ではなく平面だったのではという証拠をいくつかあげました。

地球は平面だった(フラットアース)!地球が球体だったら見えないはずのものが見える?!数々の証拠。
目次          地球平面説(フラットアース)とは?   地球が球体であるなら地平線の先は見えないはずなのに・・見える   道路、橋、線路の設計者は大地の湾曲率を計算に入れずに構造物をつくる  ...
 

ということは、宇宙自体ないのではないかと疑います。

宇宙と言えばあの最大の宇宙開発機関である 「 NASA 」 ですね。

最近、フラットアースがTwitterの話題に上がるようになって、そんな NASA の詐欺写真や動画が次から次へと発信されるようになり、私も最初は驚いてしまいました。

しかしこれらの証拠の数々で宇宙存在しないことを証明してしまいましたね (-_-)

これを見ればNASAが詐欺集団であり、ない宇宙を捏造するために壮大な洗脳をしてきたことが分かると思います。

無重力なら浮くはずのi pad がポンと置ける。

 
引用元:https://twitter.com/nhk_news/status/1385980411197722624?s=20

 

 

こちらは後ろで浮いている若田さんの腰に吊すベルトが映っています。

 
引用元https://twitter.com/michihiro_says/status/1281436919583305729?s=20
 

 

こちらもワイヤーが見えてます

見えづらいですが、動画をご覧になれば分かりますよ。

 
 

こちらは一番右の人が持っているボールが普通に落ちています(笑)

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1402227066523635720?s=21
https://twitter.com/ranchan_t/status/1327787429806313474?s=20

NASAはヘブライ語で ” 騙す ” という意味だそうです。

【宇宙は存在しない】火星初のヘリコプター動力飛行 | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

https://twitter.com/mayatokikuni/status/1375278347303976961?s=20

 

チャレンジャー号爆発事故(チャレンジャーごうばくはつじこ)は、1986年1月28日、アメリカ合衆国のスペースシャトルチャレンジャー号が打ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が全員死亡した事故である。同オービタは北米東部標準時午前11時39分(16:39UTC、1月29日1:39JST)にアメリカ合衆国フロリダ州中部沖の大西洋上で空中分解した。この打ち上げはチャレンジャーにとって10回目であり、ミッション名はSTS-51-Lであったが、打ち上げ直後の事故のためほとんどの予定が遂行されずに終わった。

引用元:チャレンジャー号爆発事故 – Wikipedia

この1986年に起きたスペースシャトルチャレンジャー号の爆発事故で死亡したとされる人達は

生きていて素晴らしい職種に就いているそうです。

STS-51の7人の乗組員のうち少なくとも6は、彼らの新たに発見されたキャリアで繁栄し、今も生きています。驚くべきことに(またはそうでないかもしれない)、彼らも隠れに困っていません

引用元:チャレンジャー事故乗組員ほとんど生きているって・・・よ!

イルミナティカードでも予言されているそうです。

イルミナティカードの予言 Ver285 NASA編 月面着陸の嘘 完全暴露 

NASAが公表した火星の画像は、カナダ・デボン島で撮影した捏造写真だった!! | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

左:NASAの火星の風景写真 右:カナダのデボン島

NASA のでっちあげだったローバー(火星探査車)からの火星画像:動かぬ証拠の数々! – ザウルスの法則

こちらのブログには、NASAが火星だといって撮った写真がカナダのデボン島だったことが暴かれています。

そのカナダの風景の元写真にPhotoshopで赤みがけたらNASAの公開している写真と全く同じになったそうです。火星のはずがスニーカーがあったり、リスのような動物がいたり、ダンベル?のようなものが写っていたり。

カナダの極北だからバレないだろうと思ったのでしょうか。

 

そんな劇団NASA さんが、世界最大の映画セットスタジオを持っているのも、頷けますね。

https://twitter.com/shinsoukyuumei/status/1395681301441650689?s=19

ここまで【宇宙】を捏造するということは、

宇宙に行っていない → 宇宙はないから

に他ならないと思いませんか。

イルミナティのポーズであるコルナサインをするNASAの人達

引用元:https://twitter.com/_takkiii_/status/1395007579617595392?s=20

イルミナティといえば、悪魔を拝み、神様に反逆する人達でしたね。

https://bread-life777.com/nitiyu
最後に

私たちは、宇宙はビッグバンという巨大な爆発によって作られ、地球はなんらかの物質が集まって偶然できたかのように習ってきました。

その地球は、惑星が沢山ある中でも広大な宇宙の中の一つに過ぎず、生物が偶然生まれ、人間もそこから進化してできたと。

しかし、聖書を読み、RAPTさんが下さる御言葉を日々読んでいる私たちは、神様がどんな思いで私たち人間を作って下さり、その人間が生きるためにこの地球を作り与えて下さったか、それがどれほどの愛かを、御言葉を通して知ることができました。

RAPT有料記事 (rapt-neo.com)

RAPTさんが与えて下さる御言葉は、絶対に人間の頭でひねり出せる言葉ではありません。

どこまでも筋が通っています。しかし正直すごく厳しいと感じるときもあり、従うのが難しいと思うときも多々ありますが、従うほど必ず祝福があり、神様の愛を感じるのです。

rapt on Instagram: "前回の続きで、フラットアースについて語っています。 今回の話の途中で、神が二つの光を作ったと話をしていますが、それは創世記の1章16〜18節のことを言っています。 『神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。』 また、世間一般に、潮の満ち引きは月の引力によって起きると言われています。ネットで調べると、このように書かれてありました。 『月のある側では月の引力で海面が持ち上がり、満潮になります。反対側では、月の引力が弱いため海水は取り残され、地球の自転の遠心力も加わって満潮になります。月と直角の方向では、月に海水が引っ張られるため、海面が低くなって、 干潮になります。』 正直、「????」となって、頭に入ってきません。頭に入らないので、いつまで経っても潮の満ち引きについて、きちんと理解できず、人に説明することもできません。皆さんもそうだったのではないでしょうか。 ちなみに、国連とWHOの旗には、地球を平面に描いた図が描かれています。この旗に描かれた地球こそ、本当の地球の姿だとフラットアーサーたちは主張しています。 いずれにせよ、イルミナティの連中は神の存在を何がなんでも否定したいので、神の存在証明となるもの全てをことごとく否定してきました。 特にこの宇宙の問題については、もし宇宙が存在せず、地球しか存在していないということになれば、直ちに神の存在というものに直結してくるので、彼らは大金をかけてでもハリウッドの撮影技術を進化させてきたわけです。 フラットアースについては、今後も詳しくお話していきたいと思っています。 #フラットアース"
387 likes, 19 comments - rapt_neo on January 23, 2021: "前回の続きで、フラットアースについて語っています。 今回の話の途中で、神が二つの光...

フラットアースの真実が分かり、どれ程の嘘で騙されてきたのだろうと、驚いてしまいました。

しかし御言葉で天地の真実、真理が分かる度に本当に神様の偉大さを一層感じるようになり、逆にこんな壮大な嘘をついてきたイルミナティ達が一層ちっぽけに思えるようになりました。

 

真実を知った人達が、彼らが頑なに隠そうとしてきた偉大な【神様】の存在に1人でも多くの人達が気付き、御言葉に辿り着きますように。

 

【税金のぼったくり】NASAが存在しない金星を探査すると発表 | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

NASA幹部が否定する「火星の虹」宇宙詐欺にボロが出た | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

高度10kmしか飛ばないロケットをNASAが米月着陸機として選定 | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

日本の宇宙ビジネス詐欺の首謀者は“群馬人脈”だった 日本橋が宇宙詐欺の拠点と化す | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

【出口王仁三郎の子孫】前澤友作がISSへ 宇宙詐欺に本格参入 | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

【テスラ車】ブレーキが効かない事故を機に中国やアメリカで信用ガタ落ち エプスタイン事件に関与したイーロン・マスクへの裁きか? | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

フラットアースに関するRAPTさんの話されたInstagramはこちら

rapt on Instagram: "RAPT理論において、放射能は噓、癌は噓、コロナは嘘と、次々と現代科学のインチキぶりを解明してきました。 その中で、「宇宙は無重力ではなく、酸素もある」ということも解明したわけですが、その後、宇宙の仕組みについてあれこれ調べていくうちに、どうも地球は球体ではないし、そもそも宇宙自体、存在しないのではないかという結論に辿り着くしかありませんでした。 つまり、世間で言うところの「地球平面説(フラットアース)」は極めて正しいのではないかと考えざるを得なくなったのです。 これまで私は「地球平面説(フラットアース)」は間違いであると話してきました。 しかし、完全な平面ではないにしろ、地球は球体ではない、ということは間違いなさそうです。 そして、地球は宇宙に浮かぶ天体ではないし、地球以外の天体も一つも存在しないと考えざるを得ませんでした。 つまり、宇宙そのものが存在しないのではないかと。 ということについてお話しています。 この話は次回へと続きます。 #フラットアース"
459 likes, 48 comments - rapt_neo on January 23, 2021: "RAPT理論において、放射能は噓、癌は噓、コロナは嘘と、次々と現代科学のインチキぶりを...
rapt on Instagram: "前回の続きで、フラットアースについて語っています。 今回の話の途中で、神が二つの光を作ったと話をしていますが、それは創世記の1章16〜18節のことを言っています。 『神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。』 また、世間一般に、潮の満ち引きは月の引力によって起きると言われています。ネットで調べると、このように書かれてありました。 『月のある側では月の引力で海面が持ち上がり、満潮になります。反対側では、月の引力が弱いため海水は取り残され、地球の自転の遠心力も加わって満潮になります。月と直角の方向では、月に海水が引っ張られるため、海面が低くなって、 干潮になります。』 正直、「????」となって、頭に入ってきません。頭に入らないので、いつまで経っても潮の満ち引きについて、きちんと理解できず、人に説明することもできません。皆さんもそうだったのではないでしょうか。 ちなみに、国連とWHOの旗には、地球を平面に描いた図が描かれています。この旗に描かれた地球こそ、本当の地球の姿だとフラットアーサーたちは主張しています。 いずれにせよ、イルミナティの連中は神の存在を何がなんでも否定したいので、神の存在証明となるもの全てをことごとく否定してきました。 特にこの宇宙の問題については、もし宇宙が存在せず、地球しか存在していないということになれば、直ちに神の存在というものに直結してくるので、彼らは大金をかけてでもハリウッドの撮影技術を進化させてきたわけです。 フラットアースについては、今後も詳しくお話していきたいと思っています。 #フラットアース"
387 likes, 19 comments - rapt_neo on January 23, 2021: "前回の続きで、フラットアースについて語っています。 今回の話の途中で、神が二つの光...
rapt on Instagram: "今回は、地球球体説の矛盾について話をしました。 今回は、「85km先」まで撮影できるニコンの5万円のカメラで、「380000Km先」にある月のクレーターが撮影できるという矛盾。 水を何かの容器に入れると、水面は必ず水平(直線)になるのに、地球の海の水面はなぜか丸くなっているという矛盾。 海が満潮になるのは月の引力によるものなのに、満潮のときに私たち人間は月の引力に引っ張られることがなく、体重も変わりがないという矛盾。 について主に話をしています。 #フラットアース"
388 likes, 12 comments - rapt_neo on January 28, 2021: "今回は、地球球体説の矛盾について話をしました。 今回は、「85km先」まで撮影できる...
rapt on Instagram: "前回からの続きです。 今回も、地球球体説の怪しさについて話をしています。 先ず、南極大陸が飛行禁止になっていて怪しい。 磁力は直線に働くはずだが、地球が丸いのに、なぜコンパスはどこにいても必ず北極と南極を指し示すのか。 ロケットを月に飛ばす際、大がかりな装置が必要だったはずだが、月から地球に戻ってくる際、何もない月の大地からどうやってロケットを飛ばしたのか。 東温では、晴れていると毎日のように流星を見るし、流星は飛行機よりも速く飛ぶが、何万光年も離れた場所にある星がそんなに沢山、そんなに速く飛ぶことができるのか。 まあ、簡単に言うと、地球球体説には無理があるし、宇宙が存在しているという話にも無理があるということですね。 #フラットアース"
362 likes, 8 comments - rapt_neo on January 29, 2021: "前回からの続きです。 今回も、地球球体説の怪しさについて話をしています。 先ず、南極大陸が...

 

コメント