上級国民は知っている。コロナが存在しないこと

コロナ

政治家や企業家のトップや芸能人などのイルミナティ、上級国民はコロナがないことを分かっているとしか思えない行動・言動をとっています。
彼ら上級国民は常に大きく分けて2つの勢力に分かれて争っているので、コロナを進めたい勢力とそうでない勢力がいるようです。

では、彼らの行動、言動を見ていきましょう。

 

 

記者会見で小池百合子がコロナの人数の質問に対して「60人台に乗せる」と発言しました。

小池

小池百合子さん「今日は60人台にのせると伺っております。」 → 感染人数を操作しているのか?との声 |

この日、都知事選を戦う元日弁連会長の宇都宮健児氏は記者会見を開き、コロナ対策について小池氏に公開質問状を突き付けた。

内容は「東京アラートの発令と解除は小池氏の都知事選出馬のための政治的都合を優先し、恣意的に判断されたものではないのか」などの8問。

3日午後3時を回答期限としている。 宇都宮陣営は、感染者数など都が公表している数字に疑問を持っているという。

 同席した選対本部長の海渡雄一氏は

『60人台に乗せると聞いている』という発言が小池氏から今日ありました。

テレビで私も確認しました。(乗せるという表現は)おかしい。数が操作されているのか」

と首をかしげていた。

「乗った」ならともかく「乗せる」だと能動的に60人台に「した」みたいに聞こえるというのだ。言い間違いだとしても不用心である。

 案の定、ネット上には「計算通りってこと?」「これが本当のアンダーコントロール」など、びっくりする声が数多く記された。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

 

 

今度は「224人の陽性者数を出すためのと発言。

小池

 

そしてスカスカのマスク(笑)

本当に危険なウィルスだと思っているなら、こんな穴だらけのマスクするでしょうか。小池ゆりこ

 

安倍晋三と麻生太郎が、国会が終わったらすぐにマスクを外していました。

つまりテレビ用ということです。

それまではつけていなかったマスクを4月になって突然付け出す。

国民の手前、自分たちもつけないとさすがにまずいと思ったのでしょう。

会議会議

 

 

どうみても三密ですよね。

記者会見


政治家
政治家
安倍昭恵

政治家達は会食したり、安倍昭恵の関しては2020年4月コロナ真っ只中に50人を引き連れて大分旅行に行っています。

 

 

旅行事業協会会長の二階幹事長は、コロナで観光客が減って痛手なので税金を使って「GoTo」をさせ、旅行を促しましたね。

しかし「GoTo」を実施してまで旅行を促しておきながら感染が拡大するから「外出を控えて」と、もう支離滅裂です。

国民のことを考える気など全くなく、自分達の利益のことばかり考えているからこうなるのですね。

二階幹事長が会長の旅行業協会などが作る旅行関連団体から、二階氏が最高顧問の自民党観光立国調査会に政治献金4200万円→安倍自民党からこの団体に1900億円でGotoキャンペーン委託と言うこの腐敗政治。 – Everyone says I love you ! (goo.ne.jp)

税金でGoToしたのに…菅首相の連休外出控えて発言に非難殺到 | 女性自身 (jisin.jp)

 

二階幹事長がコロナ禍の中80人で満員集会。

二階氏はコロナが怖くないことを隠す気もないようですね。

 

二階

二階

 

 

 

コロナ感染拡大が報じられる中で、政治家達が政治資金パーティー開催!

コロナ禍でも政治資金パーティ開催! 政治家は全員コロナが嘘だと知っている | RAPT理論のさらなる進化形

________________こちらから
麻生太郎率いる麻生派は、党内で先陣を切り、4月13日の夜に東京都内のホテルで政治資金パーティーを開催しました。
続いて岸田派が5月19日に政治資金パーティーを予定しており、細田派、竹下派など他の5派閥も6月中に開く計画とのことです。
東京では日々コロナの感染拡大が報じられ、4月25日から5月11日まで緊急事態宣言が発令されています。
緊急事態宣言を発令した政府の要人たちが、わざわざ感染のリスクを犯してまで大勢の人が集まるパーティーを計画しようなど、普通の庶民からは理解し難い感覚でしょう。
しかし政治家たち全員が、コロナが存在しないことを知っているのであれば、筋が通ります。
________________ここまで

島津製作所の役員級の人が、「コロナはインフルと同じようなものだから心配しなくていい」と話していたそうです。

なぜ島津製作所なのかというと、こちら

RAPT | 「イスラム国」に資金援助したトヨタが、軍用ロボットを密かに開発しているという恐るべき現実。
RAPT | RAPT×読者対談〈第39弾〉日本を支配しているのは島津家と毛利家である。

島津製作所といえば、2002年に一介のサラリーマンに過ぎなかった「田中耕一氏」がノーベル化学賞を受賞したことが日本でニュースになり騒がれましたね。「普通のサラリーマンでもノーベル賞がとれる」と言って、国民にとっても「庶民でも頑張ればそうなれる」と希望を与えたニュースとされていました。島津製作所

しかし実際は「島津家」は日本を牛耳る天皇家一族であり、島津製作所もただの一般企業なんかではないということです。
普通のサラリーマンはノーベル賞なんかとれません。
「庶民でも上にのし上がれる」、「トップに立てる」「政治参加できる」「有名になれる」と見せかけてガス抜きし、裏では自分達の一族で牛耳る社会を作るという彼らの手口です。

 

【学校では教えない】明治維新を理解すれば世の中が見えてくる。田布施システムとは李家支配である
学校の歴史の授業では、明治維新は 日本に外国から黒船がやってきて(ペリーの黒船来航)、日本が脅威にさらされたのをきっかけに、 江戸時代のままの鎖国(外国と交流しない)な...

 

島津製作所がまるで儲からない「PCR検査試薬」を23年前から作っていた理由 京都の老舗企業らしい「独創と忍耐」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

そんな汚い手を使っても、彼らの繁栄は最後まで続く事は絶対にありません。

実際イルミナティの重鎮達は次々へと裁かれています。全うに真の実力をつけて生きてこそ、今の時代であっても本当の幸せを手に入れることができるのだと、御言葉で知ることができました。

実際にRAPTさんがこの世の誰にも解けなかったことを解いて下さってから、嘘が人々の常識だった時代から、真実に目覚めて知ろうとする人、悪をなくそうとする働きをする人が続々と出てこられたのが分かります。

なんでRAPTさんがそんな偉大な働きをすることができたのか。

彼らは目に見えない悪魔を真剣に拝んでこの世の中をここまで悪くしてきたことをRAPTさんが暴かれましたが、それも

RAPTさんは悪魔よりも、もっともっと上にいらっしゃる神様を信じて愛してこられ、実際に力を与えていただいてこられたからこそなのです。

それは絵空事ではありません。次々と真実を暴き、密度の濃い内容の記事をこんなに更新することが人間業でできることではないと、RAPTブログの壮大な量と内容をご覧になれば分かるはずです。

どのように神様を愛すればよいか、どうすれば自分の力をもっと発揮できるのか、どうすればこの世の中をもっとよくできるのか、全て御言葉で教えて下さいました。

そのように生きてこそ本当に最後まで希望が持てる人生を送ることができるのですね。

 

RAPT | RAPT有料記事

話が少しそれましたが、
テレビで嘘ばかり報じる中、コロナが危険でないことを話す人もチラホラ出てきているようです。
それも勢力争いの一部なのかもしれませんが、真実がもっと誰もが見える形で発信される世の中になってほしいですね。

 

 

 

元厚生労働省医系技官・木村もりよ氏の話

“検査をして隔離するということが感染症の基本だとか訳の分からない理論が成り立ってしまった。

感染症はある程度かかって収束する以外はないし、隔離する理由もないし、隔離しなければならない感染症と今回の新型コロナウィルスは違うので、それはまさに虚像ですよね。

そういう差別を生んでしまった、かかったら死んでしまうとか、かかったら人にも会えない、こんな馬鹿げた感染症に仕立て上げたってのは非常に大きな問題だと思います。”

(せいじ)コロナの死亡者数とインフルエンザの死亡者数を考えたら圧倒的にインフルエンザの方が多い訳で

     なんでコロナの感染者だけをテレビで毎日やって、インフルエンザとか、

     極端なこというと交通事故では何万人という方が亡くなってるのに誰も車に乗るなとも言わないし、

     なぜコロナだけをこんなに特化してこんなに扱って、

     地球上にいる超金持ち連中の資産が増えたんですよ、この半年間でね。

     そういうことを考えると、何が正しくて何が間違ってて

     貧乏の人はどんどん貧乏になっていくし、金持ちはどんどん金持ちになっていくし

     そういうことを考えると不思議だと思うな

 ~~~~~~東のコロナを危険だと煽る話~~~~~~~

(せいじ)インフルエンザは薬があるのに何千人もの人が死んで、コロナは薬がないのにインフルエンザより少ないのだから

 ~~~~~~~東が薬は安心感だと話す~~~~~~~~

(デビ婦人)でも恐怖感を煽りすぎてると思う。どの局も朝から晩までコロナコロナって、見るのも嫌、聞くのも嫌ですね、本当

こちらは削除された記事ですが、Evernoteのクリップしておいたので載せます。

コロナ禍、超富裕層の総資産額は過去最高に 7月末で1080兆円

資産家

チューリヒAFP=時事】保有資産が10億ドル(約1060億円)を超える資産家、いわゆるビリオネア(超富裕層)の総資産額は今年、世界的な新型コロナウイルス危機をよそに、過去最高を記録した。スイス金融大手UBSと国際監査法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が7日、報告した。(写真はイーロン・マスク氏)<下へ続く>

報告書によると、世界のビリオネアは7月末時点で2189人で、総資産額は約10兆2000億ドル(約1080兆円)。これまで最高額だった2017年の8兆9000億ドル(約940兆円)を上回った。

今年の特徴として、イーロン・マスク氏を代表格に、テクノロジー、ヘルスケア、製造といった業界の「イノベーター(革新者)やディスラプター(破壊者)」の超富裕層が増えており、エンターテインメントや不動産といった従来の超富裕層を数で上回りつつあると報告書は指摘している。この流れは、新型ウイルス危機によって加速しているという。
しかし、パンデミック(世界的な大流行)による経済的困難に見舞われる人が多い中で、報告書の内容には激しい非難の声も上がった。
英労働党のアンジェラ・レイナー副党首はツイッターに、「ビリオネアは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで大もうけしている。庶民が借金をし、企業が倒産し、失業率は急上昇し、人々が苦しみ大きな犠牲を払う一方で、世界の超富裕層はもうかりすぎて笑いが止まらない!」と投稿した。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕

________________ここまで

実は今回のコロナ騒動の実行犯は創価学会だと暴かれました。マスクの発注会社にしても、コロナに関するあらゆる事が創価と関わっていることが分かってきたのです。

この事をきっかけに創価学会の悪事が次々と明らかになり、人間とは思えない彼らの所業に目を疑ってしまいましたが、これがこの世の中の現状です。

このような悪人達が悪を働けない世の中になるためにも、一人一人が彼らから騙されないようにするためにも、真実を知ってほしいです。

その件に関してはまた記事で書いていきたいと思います。

コメント