日本は中国人(李家=創価)に乗っ取られている。その手口と実体。

日本の政界が、中国人(李家)にほぼ乗っ取られている、その手口をYouTuberのひろゆきが かなり詳しく 曝露しました。

彼がなぜ知っているかと言えばやはり上級国民だからなのですが、この動画を見て、私は正直ぎょっとしてしまいました。

もちろん安倍や麻生がイルミナティの重要人物であることは重々承知していましたが、彼らの勢力が弱くなってもまだしぶとく中国勢力(李家)=創価が日本を乗っ取ろうとしています。

群馬人脈=李家のひろゆきが、中国人(李家)が日本を乗っ取っていく具体的方法を自ら暴露

以下、ひろゆきが曝露した動画の内容を少し簡潔に書きます。

●自民党の党員を一番増やした自民党の幹事長 二階俊博は親中派(与党。自民党の中枢)

(尖閣諸島問題で中国に抗議の文書を送る際、中国におもねり骨抜きの文書にした)

●中国から金銭支援を受けている政治家が増えている。

選挙活動にはお金がかかるが

日本の政治家はお金がないため、お金がある中国が金銭支援をすることで、中国派の政治家を日本に増やすことができる。

●約1億円あると1人議員が買える。中国が100億円出すと100人くらい政治家がつくれる。

違法だが、バレても捕まるのは日本人。

(以前、中国のカジノ会社がお金を払って議員は捕まったが、お金を払った中国カジノには何もペナルティーはなかった。なので中国側はお金を出し放題。)

毎年50人の政治家が中国のバックアップで生まれると、「在日中国人に対して参政権を与えよう」と言い出すことになると思う。 

●例:アーノルドシュワルツネッガーはオーストラリア人。大統領にはなれないけどカリフォルニア州知事にはなってる。アメリカでは知事までなら外国人でもなれる。

という風にいつの間にかジャッキーチェンが山形県知事になる。

気がつくと中国人が日本のあちこちで政界につくようになり、中国の影響力が大きくなっていく。

しかし中国の影響力が増えているようには分からないまま運営されていくと思う。

中国は台湾を中国だと見なしているが、台湾国籍の人が民主党のナンバー②まで行った。

その後バレて台湾国籍を「捨てた」「捨ててない」騒ぎになったのが『村田蓮舫』

中国からすると、蓮舫は中国人として日本の野党のナンバー2になったと見なしている。

そういう状況になったとしても、日本の人達はそこまで分からない(気付かない)。

という感じで中国籍だけど分からない人がふわふわと(日本の)政治家に増えていくのはあると思う。

かなり詳しいですが、信憑性がありますね。

では中国人の売国政治家がどれほど日本に巣くっているか、彼らの手口などを主にrapt+αの記事を元に紹介していきたいと思います。

河野太郎

まずはコロナワクチン接種推進担当大臣として 殺人ワクチンを国民に打たせようと必死の河野 太郎です。

彼はyoutuberのはじめしゃちょー との対談でアメリカのワクチン被害者が0だと堂々と嘘をついたことや、

インタビューの受け答えがあまりに高圧的だと批判されました。

そんな河野太郎はやはり限りなく中国寄りの人物でした。

河野一族が経営している『日本端子』は中国の国営企業と共同出資して「北京日端電子有限公司」「昆山日端電子科技有限公司」「香港日端電子有限公司」の3社を設立しているそうです。

日本企業が中国に進出する場合、中国政府の規制などにより、中国の国営企業との合弁という形でしか中国に進出できないケースが多いとされているそうです。

中国で商売をするためには、企業の機密情報を中国共産党と共有しなければならないので

日本端子は、中国共産党と完全に一体となっていると言っても過言ではありません。

河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上

河野太郎の父親は、『河野談話』で従軍慰安婦の日本人の非を一方的に認めたとして以前話題になりましたね。

中国共産党は来月23日に、建党100周年を迎えますが、河野太郎の父・河野洋平が中国共産党に祝電を送っていたことが明らかになりました。

河野洋平はバリバリの親中派で、「中国共産党は団結して中国人民を指導し、社会主義制度を打ち建て完全なものとしてきた。これは目を見張るばかりの輝かしい成果である。中国共産党が中国の発展をさらに大きく推進し、世界の平和と発展を守るためにさらなる貢献を果たすことを期待している。」と、今回の祝電を通して中国共産党を大絶賛しています。

また、河野洋平は李克強首相と幾度も会談し、中共と親交を深めると同時に、慰安婦の強制連行に日本軍が関与していたという事実を認め、日本政府として心からのおわびと反省の気持ちを示した「河野談話」を発表したことでも知られています。

さらに、河野洋平は2018年に開催された日中平和友好条約締結40周年記念のレセプションにも、李家の福田康夫らとともに出席しています。

このように河野洋平が中共と懇意にある以上、当然、その息子である河野太郎も中共とズブズブの関係にあることは間違いありません。

【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

河野は日本人にはワクチンを打たせて大量に殺し、代わりに中国人を日本に移住させようとしているようです。

中国人の河野太郎は「国籍法」改正により「二重国籍」を容認し、移民1000万人計画を推進

私も今日本の移民について調べていますが、彼らはかなり大胆な手口を使って実際に行っているのが分かりました。

この事についてはまた記事にしたいと思います。

河野太郎については詳しくはこちらの記事をお読み下さい。

【河野太郎は中国人=李家】河野太郎が国民のツイッターアカウントをブロックするのは、根本的に日本人が嫌いだから

日本人モドキの河野太郎と高市早苗「ロックダウン」の必要性を訴え、日本経済を破綻させ、中国人=李家による日本乗っ取り加速へ

河野太郎が、中国人によるウイグル人権侵害行為(大量虐殺・拷問・強制労働・臓器狩り・人身売買etc..)を公に容認

【中国人・河野太郎の二枚舌がひどすぎる】総裁選への出馬表明会見で心にもなく保守系発言を連発し、かえって国民から怒りと不信を買い、墓穴を掘る

河野太郎はもはや本人も隠す気も無い中国人ですね。

高市早苗

続いては自民党総裁選に出馬し第55代自民党政務調査会長に就任した 高市早苗 です。

彼女の危険度を見ていきましょう。

○悪名高い竹中平蔵(李家=創価)のパソナとズブズブ

○天理教信者

○ネオナチ団体「国家社会主義日本労働者党」のトップとツーショット

○日本最大の反日組織・創価学会の工作員養成所である「松下政経塾」出身

日本を奴ら(国民)から取り戻しましょうなんて言っていますね。

天理教やパソナとの不正な金銭関係についても指摘されているようです。

中国マフィアの子孫・高市早苗に、天理教へのお供え金で公職選挙法違反の可能性浮上 ネオナチ団体やパソナとの怪しい関係、創価学会ともズブズブ‥次々と暴かれる“素顔”

コロナパンデミックを仕掛けたのが、この世の中の悪の根源である創価学会だと暴かれましたが

池田大作が 中国の犯罪組織「青幇(ちんぱん)」の首領の 黄 金栄(こう きんえい) にそっくりなことが分かりました。

中国の秘密結社。元々は中国に広がる大運河の水運業ギルドだったが、時代が変わるに連れ一部が革命(辛亥革命)前の中国の暗黒面を代表する秘密結社になった。その一部は、上海を支配しアヘン、賭博、売春を主な資金源とした。その中でもアヘンを最大の資金源とし一時は中国全土の取引を支配した。

更に高市早苗も 青幇 の首領の「杜月笙」とそっくりだと暴かれ、子孫の疑いが出てきました。

これまで、中国に対し強行姿勢をとるような発言をしてきた高市早苗ですが、実は、中国マフィア「青幇」の三大首領の一人「杜月笙(とげつしょう)」にそっくりで、彼女もまた中国人である可能性が高いことが分かってきました

青幇は、一時中国全土のアヘン取引を掌握し、絶大な権力を握っていた組織で、大親分である「黄金栄」「杜月笙」「張嘯林」の3人の名を知らない上海人はいないと言われていたほどでした。

中でも「杜月笙」の勢力は最も強く、ゴッドファーザー的な存在と見なされていたそうです。

実際、高市早苗は、“右翼議員”として見なされていますが、その一方で売国奴の代表とも言える竹中平蔵とズブズブの関係にあることが判明しています。

○【売国】総裁選出馬予定の高市早苗は、竹中平蔵=李家の犬 パソナの派遣社員を雇用し、パソナを大絶賛

つまり高市早苗は、“国民のための政治”をする気など最初からなく、竹中平蔵や安倍晋三の操り人形、つまり李家の意向を成すためのコマに過ぎないということです。

【やはり自民党総裁選は中国人のお祭りだった】高市早苗も中国マフィア青幇のドン「杜月笙」の子孫である可能性大!!

やはり 高市早苗 も中国寄りの危険な思想の人物ですね。

蓮舫

アヘンといえば、アヘン貿易で莫大な利益を得た陳杏村の孫である『蓮舫』です。ひろゆきの発言にも出てきましたね。

アヘン貿易に関わってきたヤクザの子孫達がこれだけ日本の政界に入り込んでいるのですね。

○RAPT×読者対談〈第132弾〉リチャード・コシミズの正体。(麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち)

蓮舫は、旧皇族の「伏見宮博義王」にそっくりでした。

実際に陳杏村と伏見宮博義王は面識があった可能性が非常に高いそうです。

そんな蓮舫ですが、最近急に顔が変わったことが話題になっていました。

偽物の方は『レンコン』と呼ばれているそうです(笑)

明らかに人が違いますね。この世にはいないのかも知れませんね

野田聖子

自民党の幹事長代行の野田聖子はかねてから親中派議員として有名ですが、なんと驚くほど中国共産党の習近平にそっくりだと判明。

実の妹か、あるいは実の娘ではないかとの憶測を呼んでるそうです。

【自民党総裁選は中国人のお祭り】夫が元暴力団員の「野田聖子」は、習近平国家主席の隠し子である可能性大

また、板垣退助の子孫でもあるとのこと。

板垣退助と言えば、嘘ばかり垂れ流してきた中田敦彦の先祖でしたね。

【次期首相候補?】野田聖子は板垣退助と親戚 GACKTコイン詐欺にも加担

野田聖子に関しては、以前にテレビで障害を持つ息子との生活を公開していたのですが、あまりにも子供をエゴで育てているようにしか見えなくて、どういう神経をしているのか不思議で仕方なかった記憶があるのですが、やっと意味が分かりました。

幼児虐待や幼児を平気で生け贄にしている人達ですから、子供の気持ちなんて考えていないのですね。

野田聖子議員 この人って人間なのか? むごすぎます 2021.9.10 – superred2020kiroku’s blog

二階俊博

次はコロナパンデミックの中、 GoToトラベルを進めてきた 『全国旅行業協会』の会長も務める 自民党の二階俊博幹事長。

あの GoToトラベル も、恩恵を受けられたのは李家である星野リゾートをはじめとした高級旅館ばかりでした。

コロナで 創価学会は 星野リゾート の星野佳路を使って、中小規模の旅館を経営難に陥らせ、日本各地の旅館やホテルを買収し、乗っ取ってきたのです。

星野佳路は、創価学会と李家の「乗っ取り請負人」だった!!

そんな 二階俊博 は、ひろゆきの発言にもあるように、かなりの親中派。

二階俊博 – Wikipediaにも、公明党からの推薦を受けて9度も当選したと書いてあるので、やはり創価ですね。

そんな 二階ですが、中国共産党創建100年の記念日となる7月1日を控え自民党が二階俊博幹事長の名義で中国側に電報を送ったことが明らかになっています。

中国共産党創建100年の記念日となる7月1日を控え、自民党が二階俊博幹事長の名義で中国側に電報を送ったことが30日、明らかになりました。

党関係者によると、電報には、日中両国が東アジア地域の平和と安定への責任を果たすことや、国際社会の期待に応えることの重要性について盛り込んだとのことです。

中国共産党創建100年をめぐっては、かつて自民党総裁を務めた河野洋平元衆院議長が祝意を寄せたと中国国営通信の新華社が報じているほか、立憲民主党(枝野幸男名義)や、同党の小沢一郎もメッセージを送っています。

現在、菅政権が中国への売国政策を積極的に推し進めている上、こうして自民党の幹事長があからさまに中国に媚びへつらう態度を見せたことに対し、Yahoo!コメント欄では批判が殺到し、炎上しています。

○Yahoo!コメント欄

コメント欄では、選挙のときだけ共産党を批判しておきながら、その一方で中国共産党との蜜月関係を築いているのは「経団連の利益優先のためですか」などと書かれていますが、二階俊博は「中国共産党」と「自民党」と「創価学会」を繋ぐパイプ役に他なりません。

実際、自民党が推し進める政策も、全ては中国共産党や創価学会の利益誘導が目的であることが明らかになっています。

自民と創価と中共のパイプ役・二階俊博幹事長が中共100周年を祝う電報を送り、批判殺到

コロナ禍の中、大物政治家たちが高野山最高位・池口恵観の宿老就任祝賀パーティ開催 安倍や二階も参加

二階に関しては中国との繋がりが調べるほど沢山出てきます。

岸田 文雄

最後に、自民党総裁に選出された岸田文雄

彼は李家・台湾・満州人脈・安倍と麻生と親戚であったりと、 岸田が首相になったのは 完全に出来レースだったことが分かりました。

ご覧の通り、 岸田文雄李光耀にそっくりです。

更に『日中友好文化交流促進協会会長代理』 に就任しているくらいですから、中国寄り。というか中国人です。

「李光耀」は、西武グループを一代で築いた「堤康次郎」にもそっくりだと判明しています。

「堤康次郎」上皇美智子の実の父親ではと言われています。

正田家は、グリコ森永事件の黒幕でJAL123便事件に関わりが深いことが分かっていますので、岸田もその人脈と言うことです。

ご覧の通り、安倍や麻生とも親戚関係です。

安倍や麻生がどれだけ悪を行ってきたかについてはRAPTブログをご覧下さい。

RAPT | 検索結果: 安倍晋三

RAPT | 検索結果: 麻生太郎

李家・九鬼家かつアベ友の「岸田文雄」が自民党総裁に選出 第100代首相就任へ

【自民党総裁選】岸田文雄はシンガポールの初代首相「李光耀」の親戚、かつJAL123便を撃墜した「九鬼家」の血筋である可能性大!!

【首相就任は出来レース】岸田文雄は李家かつ満州人脈の子孫!! 祖父は岸信介の側近、満州で百貨店業や不動産業を独占し、暴利を貪っていた

創価企業・楽天の三木谷会長「デジタル社会構想会議」で移民政策を強調 岸田政権下で着々と進む売国政策(背後に孫正義、池田大作‥etc)

李家・九鬼家の血筋である岸田文雄総裁、早くも創価人脈を次々と重要ポストに 幹事長に甘利明が内定 官房長官には松野博一を起用へ 

【岸田文雄は安倍晋三と麻生太郎の親戚だった!!】 安倍晋三の弟を防衛大臣に、麻生太郎の義弟を財務大臣に、麻生太郎を副総裁に起用し、親戚ばかりで新内閣を固める

李家による売国政治

このように、日本の政治家にどれだけ中国人(李家=創価)が入り込んでいるかお分かりでしょうか。

彼らは自分たちの都合の良いように国を動かし、日本に不利な政策をしようとしています。

【菅内閣のブレーンは売国奴ばかり】パソナが人材支援と称し、大量の中国人を日本に移住させていることが発覚

創価信者・三浦瑠璃の売国発言に国民はドン引き

政府が海外企業による日本乗っ取りを促進 外国人幹部を2030年までに20万人にするとの目標を定める

【中国共産党と一体化したNHK】 日本人から受信料をぼったくる一方、中国人向けに無料配信サービスを開始

【中国共産党スパイのリストがリークされる】やはりコロナ茶番は創価と中共によって起こされていた

進む李家(中国資本)による日本乗っ取り 政府関連施設や基地周辺の土地も標的となる

【李家による日本乗っ取りが進行】コロナ禍以降、全国の飲食店の1割にあたる4万5000店が閉店

【李家による日本乗っ取りが進む】コロナ禍の貧困化によりローン返済や家賃の支払いができなくなり、家を手放す人が急増

ソーラーパネルも李家による土地略奪のため

ソーラーパネル、太陽光発電も、彼らの悪巧みの一環だったことが分かりました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

【熱海市】太陽光パネルが大規模土砂災害を誘発 李家の金儲けのために多くの日本人が犠牲に

【小泉環境相】李家と創価の儲けのためにソーラー発電の義務化検討

ソーラー発電巨額詐欺に小泉一族と孫正義が関与した疑い 政界を巡る一大疑獄事件に発展か

熱海の土砂災害は、孫正義と菅直人による法改正が元凶であり、創価学会、稲川会、そして小泉一家による完全な人災である

【スマートシティ計画】熱海の土砂災害は、土地の強奪のため李家によって計画的に起こされた可能性大

彼らの悪巧みを阻止し、彼らの手口に騙されないように、国民1人1人が正しい知識を持って生きられる世の中になりますように。

コメント