一帯一路を完成させるために起こされたコロナパンデミック

優生思想による人口削減

コロナパンデミックが人為的に起こされたことはネット上では周知の事実となっています。詳しくはこちらをご覧ください。

コロナ | 検索結果: | RAPT理論+α

コロナに関する記事 | 本物の教育~real education~

ワクチン開発に巨額の投資をしてきたビルゲイツがワクチンで【人口削減】をすると公言していたことは有名です。彼らは優生思想を持った者たちです。

【良い遺伝子を持った上級国民】だけが子孫を残していく世界を作るために【悪い遺伝子を持った人間】は子孫を残してはいけない=【強制断種】するという思想に結びついて、あまりに危険な不妊ワクチンを国民に打たせて大量死を招いているのだと考えられます。

優生思想を推奨するフェビアン協会の一人であるマーガレットサンガーの言葉です。

・家族が、その一員である乳幼児に対してできる最も慈愛に満ちた行為は、殺すことである。

普通の人間には考えられない恐ろしい思想ですね。ビル・ゲイツもヒトラーもフェビアン協会と関わりがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

フェビアン協会 とは

究極にこの思想を持った【中国共産党】が国民を奴隷状態にして支配していくために実行に移したのがコロナパンデミックだということです。

では具体的に、コロナパンデミックによってどのような世界に変化したのか、見ていきましょう。

中国・習近平の計画「一帯一路」とは

【一帯一路】とは、『世界中の陸・海・空をインフラで結び、物流ルートをつくって、貿易を活発化させ経済成長につなげよう』(←表向きは)という中国の習近平が打ち出した計画です。

コロナ感染マップと一帯一路が一致

その一帯一路に指定された地域とコロナの感染拡大した地域とが一致していると指摘されています。

この事はコロナが起きてすぐにRAPTさんが解明してくださいました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

今回はもう少し掘り下げて書いていこうと思います。

習近平の計画【一帯一路】で破綻が相次ぐ国々

中国は一帯一路の参加国に巨額の融資をし、各国に高速道路や空港、施設などのインフラを作らせています。

しかしコロナによって経済が悪化して中国に借金が返せない国が続出しています。破綻にまで追いやられる国も次々と出ている現状です。

これらの国は中国に借金漬けにされた上に、債務の返済免除と引き替えに、中国から

・担保としてその国の重要な資金源である資源や土地を奪い取られる

・港湾施設などの重要インフラも奪い取られる。または支配権を手に入れられる

国の覇権を握られる

という状態になっています。

また、中国人を各国に大量に入植させるので、中国人によって主要産業が奪われている国もあります。現地の人の生活手段を奪い、経済を悪化に追いやられているのです。

各国の状況を簡単にまとめてみました。

一帯一路によって経済を悪化された国々

パキスタン ー グワダル港を中国・パキスタン経済回廊(CPEC)の沿岸ターミナルに選定。その後、中国国営企業がグワダル港を運営するようになった。 ⇒ 中国人が密漁するようになり、現地の漁業者と家族の生計が破綻。

【パキスタン】一帯一路計画によって、中国主導の「トロール漁マフィア」が急増 漁獲量が激減し、住民の生計手段が奪われる 

スリランカ ー アジアと中東・アフリカを結ぶシーレーン(海上交通路)の要衝であるスリランカ。中国からインフラ整備のために多額の資金を借りていた上、コロナの影響で主要産業である観光業が大打撃を受けたことも相まって破綻。国民が暴徒化。

2018年、返済不能のため、スリランカのハンバントタ港が中国の国有企業に引き渡され、港の運営権は99年間中国が掌握することに。

物資不足や物価高騰も深刻で、ガソリンを購入するにも長蛇の列を作って順番を待たなければならず、市民は「こんなことは内戦期(1983~2009年)にもなかった。停電で冷房もかけられず、高齢者が続々と体調を崩している」と不満を噴出させている。

【スリランカ】中国に借金漬けにされて破産、「一帯一路」に参加して債務の罠にハマる 中国は高利息でボロ儲け

ミャンマー ー 中国はミャンマーを地政学的に「一帯一路」の重要拠点と位置づけており、以前から乗っ取りを進め、ミャンマーの企業を次々と買収し、大量の中国人を流入させてきた。

中国とロシアはミャンマーに武器を提供しつづけ、1,500人以上のミャンマーの人々が虐殺された。

ミャンマーの古都マンダレーは人口120万人の半数以上が中国系となり、地元の人々は「中国人にめちゃくちゃにされた」「私たちの愛するマンダレーは死んだ」と嘆いているそう。

【アウンサンスーチー拘束の真相】ミャンマーの軍事クーデターも、中国の「一帯一路」の重要拠点を獲得するための破壊工作だった!!

インドネシア ー 首都ジャカルタと西ジャワ州の州都バンドンを結ぶ142.3kmのヤワン高速鉄道は、材料や機械などを中国から高い金額で仕入れなければならない仕組みになっており、357億をインドネシア政府が中国にに払わなければいけないことに。

水質汚染、大気汚染、洪水など深刻な環境問題が生じ、訴訟問題へと発展。

中国から多数の労働者を連れて来るため、インドネシア人の雇用が奪われている。年々中国に借金漬けにされている。

ラオス ー 鉄道や高速道路、コンドミニアム、商業施設、ダム開発など、インフラ権益をすべて中国に掌握されている上に中国へ債務の罠に

中国による不動産や農業、鉱山開発などへの投資が相次いで行われ、2020年における中国からの直接投資の金額は、82億ドル(日本円でおよそ9300億円)で、海外からの投資の7割以上を占めている。

さらに、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れるメコン川の上流域では、治水や発電のためにダムの建設が相次いでおり、下流への水の流れを制限しているため、タイやベトナムでは毎年のように水不足となり、2019年には深刻な干ばつが発生した。

メコン川は6,000万人の流域住民の生活を支える重要な河川だが、魚の量も激減し、漁師の生活も危ぶまれてる。

ザンビア ー アフリカ南部のザンビアは13日(2020.11)、同日が支払期限だったドル建て国債の利払いをせず、デフォルト(債務不履行)状態となった。対中債務残高は2019年末時点で34億ドルと、15年末から2倍強に膨らんでいた。新型コロナウイルスで返済に窮し、債権者が利払いの繰り延べに応じなかった。新型コロナの流行以降、アフリカで初のデフォルトとなる。

モパニ鉱山を担保にされる

このように、中国共産党は、貧しい国々の経済をさらに破壊し、侵略を推し進めているのです。

狙いは各国の豊富な資源

一帯一路に選ばれている地域は往々にして資源が豊富な地域です。

中国共産党がウイグル人を虐待、拷問、虐殺、強制中絶、強制臓器抜き取りなどの残虐行為を行っていることは有名な話です。

彼らは中国人をウイグルに大量入植させウイグル人を中国化させています。中国人が党や政府の要職を占めるようにしたり、ウイグル人と中国人を結婚させたりしてウイグル率を減らし、中国人が実質支配するようにし仕向け、実際にそうなっています。

漢族の男性がウイグル族女性の親族を監禁して強要結婚……涙に濡れる花嫁の姿に同情の声

新疆ウイグル自治区、漢民族が要職占める: 日本経済新聞

一帯一路の参加国もウイグルのように中国化されているようです。

そんな悪なる中国共産党の目的はウイグルの地下に眠っている豊富な地下資源だといわれています。

中国によるウイグル弾圧は、石油や天然ガスなどの地下資源を獲得することが最大の目的だった!!

上記に書いた国々もご多分に漏れず資源が豊富な国です。

地下資源が豊富に眠る沖縄も中国に狙われ、【中華民族琉球特別自治区準備委員会】という組織を作るくらい、中国は沖縄を乗っ取り支配したいと考えています。

日本の中でも一番多いといわれている沖縄の補助金が彼らの元に流れていますが、

中国共産党の関係者たちは、その補助金が無くなっても沖縄の地下資源を奪って自主財源にしていくと話しているくらいです。

レアアースを狙われるミャンマー

例を挙げますと、一帯一路の重要拠点・ミャンマーは中国と肩を並べるほどのレアアースの主要な産地ですが、中国が全面的に買い上げ、無秩序な採掘が取り返しのつかないほど環境を破壊していると指摘されています。

ミャンマー:Kachin州でのレアアース違法採掘及び環境への悪影響

レアアース

レアアースはイオンの吸着剤、磁石の材料、光ディスク、光磁気ディスク、レーザー、コンデンサー、超電導材料、光学ガラスなど、色んなITの部材に使われています。

車もコンピューターも携帯電話も、あらゆるハイテク製品がレアースがないと作れません。現代社会はレアアースがなければ成り立たないほど重要な鉱物です。

そんなレアアースの92%を日本は中国からの輸入に頼っている状態だそうです。

今回、ミャンマーの民主運動化であるアウンサンスーチーが拘束されて国連が制裁するという流れになっているようですが、制裁されれば日本が投資しているミャンマーの鉱山から直接輸入できなくなり、中国を経由しなければならなくなります。民主政権になっても、軍事政権になってもどちらに転んでも中国が利益になると言う流れになっていると言われています。(こちらから)

中国共産党は全世界をAI化、デジタル化、スーパーシティ化にしようとしていますから、余計にレアアースを狙っているわけですね。

アウンサンスーチーと中国

ここでアウンサンスーチーの話を少し書きたいと思います。

スーチーは日本では「民主化運動のヒロイン」としていかにも善人であるように報道されており、ノーベル平和賞も受賞しています。

しかし、そんな表の顔とは真逆の正体が明らかになっています。

彼女は世界の麻薬市場の80%を握り、ジョージ・ソロス、バラク・オバマ、ヒラリー・クリントンなどと結託して大規模な人身売買を行なってきたことが分かっています。

【アウンサン・スーチーの正体】麻薬と人身売買で荒稼ぎし、ミャンマーを乗っ取ろうとしていた李家の工作員だった!!

補足解説:アウンサンスーチーの正体

スーチーは習近平とも旧友のように仲良しだと言われており、習近平はスーチーを支援してきました。

「ミャンマー国軍vs.民主化運動(アウンサンスーチー)」

という構図でメディアでは報じられていましたが、スーチーは民主化運動を全くする気などありません。(こちらから)

アウンサンスーチー率いる刀とナタで武装した仏教徒“サフラン僧”がミャンマーの中心街を練り歩き、少数民族であるロヒンギャ族(イスラム教徒)を虐殺し、20人の命が犠牲になるという事件が起きています。

※“サフラン僧”とは、サフランの赤色をした袈裟に身を包んでいるミャンマーの仏教僧のこと。

これ、中国人がウイグルの人達にしてきたことと全く同じです。

下のツイートは2009年に中国人(漢人)がウイグルのウルムチをナタや包丁を持って練り歩き、ウイグル人を襲い、虐殺するという事件の動画です。

【2009年ウイグル騒乱】漢人の集団が、棍棒、ナタ、包丁などの凶器を持って練り歩き、ウイグル人を襲撃・虐殺

恐ろしいですね。

残虐な中国共産党と全く同じことをするアウンサンスーチーは偽民主運動家であり、共産党そのものではないでしょうか。

習近平がスーチーと仲良しで、彼女に支援していることは分かっていますが、敵対していると言われているミャンマー国軍にも中国の手は及んでいるようです。

ミャンマー・クーデターの黒幕は中国だった!

国軍のあまりの残虐性が指摘されています。

ミャンマーの人権団体「政治犯支援協会」の発表によると、国軍によって逮捕・拘束されているのは3998人に上る(5月16日時点)。その多くは抗議活動に参加した若者やジャーナリスト、そして抗議の意を示した芸能人や教師も含まれている。ほとんどの場合、デモに参加しただけ、もしくはクーデターに反対する意志をSNSなどで発信しただけで、いきなり自宅まで押し入られて拘束された。

あまりにも非情で激しい拷問に、命を落とすミャンマー人も、決して珍しくはない。遺族が遺体の返還を要求しても、軍はなかなか応じず、一体につき1万2000チャット(843円)の支払いを求められた例もある。驚くべきことに、返却された遺体には、お腹を一直線に縫われ、内臓が取り出された形跡すらあり、治安当局が臓器を売買しているという疑いが投げかけられている。

在日ミャンマー人で、1980年代から民主化運動を続けるウィン・チョウ氏は、「国軍は人間じゃないです。明らかに残忍性が増しています」と証言する。

ミャンマー・クーデターの黒幕は中国だった!

軍が拘束したミャンマー人に対し、内臓が取り出され、臓器売買が行なわれた形跡があるとのことです。

中国共産党はウイグル人や法輪功の信者に対し、臓器売買のためにあまりに残虐で不正な臓器摘出をしている事が分かっています。

国軍の残虐な行為は、明らかにミャンマー国軍の中にも中国の魔の手が及んでいということでしょう。

そしてこのように、敵対する両者に武器を与えて支援し戦わせるのは中国の手口です。

タリバンを支援する中国。資源を狙われるアフガニスタン

一帯一路の重要拠点であるアフガニスタンも金、銀、パール、ダイアモンド、ルビー、などの資源が豊富な国です。歴史的に見ても、古代メソポタミアの時代から重宝されるほどの貴重な資源国でした。

鉱物資源の宝庫アフガニスタン

アフガニスタンは、ユーラシアプレート・アフリカプレート・インドプレートの三大陸が衝突したことによって形成された複雑な地質であり、巨大な鉱脈の中に1400以上の種類豊富な鉱物資源が存在する。2000年以上前のアレキサンダー大王の時代もアフガニスタンで金・銀・貴石が採掘されており、古代メソポタミアでもアフガニスタンの鉱山から採掘されたラピスラズリが装飾品として使われていた。またアイナック銅鉱山やザルカシャン金鉱山も2000年以上の歴史がある。タジキスタンとの国境近くにあるサムティ鉱床には20〜25トンの金が含まれていると推定されている。

アフガニスタンの鉱物資源価値は1兆ドルとも3兆ドルとも言われているが、もちろん他国がこの状況を見逃すはずはなく、19世紀には大英帝国が、その後もドイツ、フランス、ロシア、アメリカなどが調査を行っている。

特に近年は鉄、銅、コバルト、金、リチウム、レアアースなどの重要な工業用金属が注目を集めており、ガズニ州には世界最大のリチウム埋蔵量を持つ可能性がある。ハミド・カルザイ前大統領は「サウジアラビアが世界の石油の首都であるのに対し、アフガニスタンは世界のリチウムの首都になるだろう」と発言していた。

中国の「一帯一路」アフガニスタン編〜鉱物資源の宝庫アフガンと中国を結ぶ交易ルートは?古代シルクロードと一帯一路の違い【連載】

リチウムは、中国が推進するEV自動車の重要なバッテリー材料です。

世界最大級のEV大国、中国。約300社がひしめく市場と、注目EVをレポート – EV DAYS

そんなアフガニスタンのタリバンに中国が接近し、支援してアフガニスタンを支配し、リチウムはじめ豊富な資源の利権を受けようとしているようです。

アフガニスタンのリチウム資源は誰の手に

また、同じくリチウムが豊富なジンバブエも中国から狙われているようです。

中国企業がジンバブエのリチウム資源を新たに確保 世界各国の鉱山を次々と買収する中国共産党

挙げたらキリがありませんが、中国共産党がしようとしていること(一帯一路・スマートシティ化・AI化・監視社会など)が分かると、世界で起きていることの意味が分かってきます。

これらに都合が良いように一帯一路の参加国が中国から狙われ、コロナが起きて更に加速している状態になっています。

しかし彼らの計画は次々と頓挫しています。

【中国の衰退が止まらない】「一帯一路」の参加国が続々と反発 

ウクライナ戦争で中国の「一帯一路」に大打撃 欧米からの制裁を懸念し、中国企業も相次いでプロジェクトから撤退

【パキスタン】中国人を標的にしたテロ相次ぐ 一帯一路は「資源搾取」と反発

【ヨーロッパ】エストニア・ラトビア・リトアニアが中国の「一帯一路」から離脱 世界各国の中国離れが加速

【インドネシア】反中感情が爆発し、全国規模で暴動が発生 中国が日本から契約を奪い取った高速鉄道建設、問題噴出で非難殺到

神様の御力が強力に働いているのですね。中国共産党の滅びを一層お祈りします。

コメント