沖縄独立へ暗躍する中国共産党と日本の政治家たち

沖縄反基地運動は中国共産党が主導していると書きました。

この反基地運動は、沖縄独立に向けての布石だったのだと言えます。反基地運動にも独立への動きにも中国共産党が関わっています。

沖縄独立を画策する台湾・中国マフィア

中国には「中華民族琉球特別自治区準備委員会」という組織があます。中国共産党がいかに沖縄(琉球)独立をさせたいかが伺えますね。

中華民族琉球特別自治区準備委員会 – Wikipedia

これを進めているのが台湾マフィアと沖縄暴力団、中国共産党、中国人の手先である沖縄や日本の政治家などです。

台湾の「中華統一促進党」を率いる、張安楽が2015年沖縄を訪問し、沖縄最大の暴力団、『旭琉会』と接触したと報道されました。張安楽はその直後、中国広東省にある「中華民族琉球特別自治区準備委員会」を訪問していたとのことです。

この張安楽は、台湾最大のマフィアである『竹聯幇』の元理事長であり、中華統一促進党の設立者でもあります。

<資料>中国の沖縄侵略:ついにつながった「元台湾マフィア」と「沖縄暴力団」と「琉球特別自治区委員会」

張 安楽(ちょう あんらく、ジャン・アンル、Zhāng Ānlè 1948年3月13日 – )、別名白狼 ( バイラン、Bái Láng)は、台湾の政治家、実業家。台湾最大の黒社会組織暴力団)である竹聯幇の元総護法(理事長)。中華人民共和国主導の中国統一を掲げる中華統一促進党の設立者。

張安楽 – Wikipedia

中華統一促進党総裁 張安樂

このように、中国共産党と台湾マフィアが沖縄独立に暗躍していることは確かですが、この台湾マフィアである竹聯幇は、青幇の下部組織だとされています。

(32)幇は、裏世界での交通・通信・密輸を仕切ってきた!

青幇とは中国に秘密結社で、アヘン、賭博、売春を主な資金源にしている組織です。

青幇(チンパン、せいほう)は、中国秘密結社。元々は中国に広がる大運河の水運業ギルドだったが、時代が変わるに連れ一部が革命(辛亥革命)前の中国の暗黒面を代表する秘密結社になった。その一部は、上海を支配しアヘン賭博売春を主な資金源とした。その中でもアヘンを最大の資金源とし一時は中国全土の取引を支配した。

青幇 – Wikipedia

その青幇の首領と創価学会の池田大作がそっくりでした!

【池田大作が主導した日中国交正常化によって、日本乗っ取り計画が始まった】50周年を記念して中国大使館の楊宇公使が創価大学を訪問

また高市早苗も青幇首領の1人である杜月笙にそっくりです。

日本の政治家は中国共産党に乗っ取られています。

創価学会は中国共産党の隠れ蓑だと暴かれましたが、

沖縄・玉城デニーも創価票で当選したと言われていますし、創価学会を使って日本を中国に売り渡そうと画策しているのです。

先の知事選で、故・翁長知事の意思を継いで当選した玉城デニー氏による発言が、「沖縄独立」というキーワードを強く注目させたようです。

それが今年4月26日の定例記者会見で、河野洋平元外相が会長を務める日本国際貿易促進協会の訪中団の一員として4月16~19日に訪中した際、面談した胡春華副首相に対し「中国政府の提唱する広域経済圏構想『一帯一路』に関する日本の出入り口として沖縄を活用してほしい」と提案したことを明らかにしたことが、波紋を広げているようです。

中国共産党員の玉城デニー知事、「基地のない平和の島」の実現に向け、政府に建議書提出へ 沖縄から米軍を追い出し、中国による侵略を後押し

沖縄独立を画策する日本政府

翁長元沖縄知事が、沖縄の独立を目指す人物が所属する団体『「沖縄建白書を実現し未来を拓ひらく島ぐるみ会議」』へ多額の送金しています。

翁長知事は沖縄の独立を画策している。

・『一帯一路』・『東アジア共同体』を促進する鳩山由起夫が沖縄に視察。まるで中国のエージェントのよう。

沖縄県のお墓 ~ 日本人の税金で、何してるの? 

「沖縄独立の可能性を否定しない」鳩山元首相の発言に中国ネットは「鳩山さんはちょっとやりすぎ」「鳩山同志の命が危険に…」と心配の声

中国とズブズブな鳩山由紀夫

・全てに繋がってくる山本太郎も高江ヘリパッド反対運動に参加しています。

【スピーチ全文掲載】「何のためにこの工事は行われるのか? アメリカ様のためだ!」山本太郎議員が沖縄・高江でスピーチ〜「高江は、高江に生きる人々のものだ」と訴え! |

【れいわ新選組】#山本太郎 代表、沖縄の創価学会員を擁立 「自民党の歯止め役になるはずの公明党が一緒になって暴走している」

2019年、山本太郎が代表を務める「れいわ新選組」が、参院選の候補に沖縄創価学会壮年部の野原善正を出馬させています。

【参院選】山本太郎氏の「れいわ新選組」から創価学会員が出馬。その理由とは?

彼は昨年の沖縄県知事選でも玉城デニーを支援した立役者だったそうです。

野原善正は創価学会と対立していることになっているようですが、山本太郎も玉城デニーも創価学会とズブズブですから。

山本太郎については、中国共産党との繋がりが沢山指摘されています。詳しくはこちらをご覧ください。

【第24回】ミナのラジオ-山本太郎は中国共産党員だった!!(朝堂院大覚、さゆふらっと、青汁王子も中国共産党)-ゲスト・KAWATAさん

山本太郎 | 検索結果: | RAPT理論+α

橋下徹前大阪市長は、沖縄が基地問題を解決する手段として、日本政府に対して「中国軍艦を寄港させるくらいの強い姿勢を示さないとダメだ」という発言をしています。(こちらから)

橋下徹はこちらの本を出版しております。レビューを見ると、散々の言われようですが、沖縄独立を目指しているのが分かります。

こちらの動画の方も言っておりますが、

琉球独立、中京都構想、北海道独立、大阪都構想など、地方分権系の政策が掲げられている所には中国人が多い所で起こっている。

更に、どれも裏で維新が推してる。日本を地方からはぎ取っていきたいという動きがここにある。

維新大阪市を潰し、中華利権を作り上げるのが目標なのではないか。

と話されています。

【中共の工作員】橋下徹が「上海電力」を呼び込んだのは、日本を「一帯一路」に取り込むための中国共産党の計画の一環だった!!

橋下徹は、習近平の弟が経営する「上海電力」を日本に初めて誘致させたくらい中国共産党とズブズブです。というか中国共産党の工作員だとしか思えません。

ハ二トラで中国に取り込まれた?

中国はハ二トラ大国です!

中国「ハニートラップ」の恐るべき実態 日本の政治家、官僚、マスコミ関係者などを次々と罠にはめて乗っ取りを進める

橋下徹は中国に訪問した直後に中国批判をしなくなったそうですし、鳩山さんもやられたのですかね。

彼は,もう中国に絶対逆らえない

このように、中国共産党はどこまでもあくどい手口で日本に入り込み、日本を乗っ取ろうとしています。

特に沖縄についてはあまり知られていません。なぜそこまで沖縄を狙っているのか、その真相を次回は書いていきたいと思います。

コメント