ハロウィンは悪魔を拝むドルイド教から来た風習。それでもまだ続けますか?

ハロウィン

 

実はハロウィンも、ドルイド教の悪魔儀式からきたものなのです。

 

RAPT | 島津家と毛利家が日本を支配していることの本当の意味。またはハロウィンが「国常立尊」を召喚するお祭りである可能性について。

RAPT | ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。

 

現在、日本でも流行しつつある「ハロウィン」は、古代ケルトのドルイド教徒たちの行っていた「サウィン祭」というお祭りに起源があるようです。

その「サウィン祭」では多くの人々が生け贄として悪魔に捧げられていました。

ドルイド教の祭司たちは「ウィッカーマン」という巨大な人形を作り、そこに多くの人々を詰め込んで、人形ごと火をつけて焼き殺していたのです

 

ウィッカーマン – Wikipediaより

 

ウィッカーマン(wicker man)とは、古代ガリアで信仰されていたドルイド教における供犠人身御供の一種で、巨大な人型の檻の中に犠牲に捧げる家畜人間を閉じ込めたまま焼き殺す祭儀の英語名称である。

 

 

映画にもなっているようです。

 

 

 

 

ーーーーーーーー(こちらから)ーーー

さらに、この「サウィン祭」では、ドルイドの祭司たちは娯楽としてもう一つの催し物を行っていました。

その催し物とはこのようなものです。

先ず12名の捕虜を連れてきて、一つの大きな鍋の前に一列に並ばせます。

そして、その鍋の中にリンゴを入れて、捕虜たちに向かってこう言うのです。

「その鍋の中にあるリンゴをくわえて取り出せれば、お前たちを自由の身にしてやる」

しかし、その鍋の中にはお湯が入っています。

そして、そのお湯は四時間から五時間ほどの間、ずっと沸騰させていたもので、沸点である100度を確実に超えています。

なので、例えリンゴをうまくかじって取り出すことができたとしても、そのときには顔や頭、肩や背中がドロドロに溶けてしまっている可能性があります。

また、眼球が焼けて目が見えなくなったり、外耳道が破壊されて耳が聞こえなくなったり、呼吸器感がやられて話すことも困難になったりする可能性さえあります。

古代ケルトのドルイド教徒たちは、「サウィン祭」を行う度にこのようなゲームをして楽しんでいたのです。

これがドルイド教の実態です。

そして、このような事実がこの世に広く知られるようになったためでしょう。

ドルイド教の神官たちは人々から激しく非難され、一時的にこの世から消滅してしまいました。

しかし、ドルイド教の神官たちは、その後も性懲りもなく、密かにこのドルイド教を「ゾロアスター教」として復活させ、古代ペルシャなどで広く普及させていきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

娯楽として人が苦しみもだえ死んでいくのを楽しむなんて、どれだけ狂った者達でしょうか。

ドルイド僧の末裔であるこの世の支配者達は今の世の中でもハロウィンを日本に浸透させようとしているのです。

何気ない行事だと思って面白がってするのはやめましょう。

このように、あらゆるところから悪魔的な思想や考え、悪魔を拝む者達が行ってきた風習などを

国民に入れようとしているのがお分かりでしょうか。

 

 

 

 

今でもこの悪しき風習が行われているようです。ハロウィンになると何人もの子供達が悪魔の生け贄として犠牲になっているのです。
RAPT | 天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。
こちらの動画は分かりやすく纏められています。

 

この中にもあるように、米津玄師のPVにウィッカーマンの画像が出てきます。彼も末裔なのでしょう。

 

 

 

ウィッカーマン

 

芸能人もアーティストもイルミナティです。一見華やかに見えて惹かれてしまいそうですが、彼らの根底には悪魔を拝む思想が根付いているのです。

 

神様はRAPTさんを通してずっと天の文化芸術を成していきなさいと仰られています。
私はその意味が初めは理解が出来ませんでした。世の中を変えるには政治・経済がまず変わらないといけないのでは?と思っていました。
ですが、このようにあらゆる文化芸術が毒されている事を知って、その重要性を改めて認識しました。

 

 
 

こちらもとても分かりやすいです。

コメント