日本を支配する在日の正体は李氏朝鮮の末裔『李家』

 

政界もマスコミも、日本を支配しているのが在日だとお話ししました。

では在日が、ただの朝鮮人かといえば、そうではありませんでした。

 

結論から言うと、彼らはただの在日ではなく、1392年から1897年まで朝鮮を支配した王朝『李氏朝鮮』の末裔でした。

その正体と経緯についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

イスラエルがバビロンやアッシリアなどの強い国に滅ぼされて国を追われてユダヤ人が散り散りになったとお話をしました。

 

【学校では教えない】歴史の大まかな流れを理解しよう1
日ユ同祖論って知ってた?日本の支配者、天皇家はユダヤ人だった!
本当の歴史や世の中の真実を知る上で、【聖書】なしでは語れないことが分かってきました。 聖書に書かれていることが本当に起きた事であったという証拠が次々と出てきました。ここが歴史を知る上でとても重要なキーワードとな...

 

その一部のユダヤ人が中国に辿り着き『客家』と呼ばれるようになりました。

 

客家(ハッカ)の18箇条 : 天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~ (blog.jp)

世界経済を裏で動かすといわれる人物を多数輩出する「客家」 | 門鑑定 - あなた本来のあり方を導き出す秘術 - (mon-kantei.com)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(こちらから)

客家は「東洋のユダヤ人」とも呼ばれ、華僑・中国人社会に多大な影響力を持つ集団。

 

もともとは、歴代の各王朝が混乱・崩壊するたびに起こった戦乱を逃れて、中国北部から南部に逃れた流民のこと。

 

さらに先住民からも追いやられ、どんどん奥地に向かい、その多くは広東省、福建省、江西省の山岳地帯に住むことに。

 

客家の「客」とは、文字通り「お客さん=よそ者」を意味するのだ。

 

・台湾の李登輝・元総統、陳水扁・元総統

・シンガポール初代首相、リー・クアンユー

・中国の改革・解放路線を進めた鄧小平

・中国革命の父、孫文

 

こうした方々も、実は客家なのだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで

 

『客家』は実質的にアジアの政治・経済を握り、商業・金融業などあらゆる分野を支配する富豪ということですね。

 

 

 

その客家には7つの姓があるそうです。

開封のユダヤ人 – Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(こちらから)

代(1368年1644年)には、ユダヤ人は皇帝から 艾、石、高、金、、張、趙 の7つのを授けられ、これらは今日でも見識することが出来る。

これらの姓は本来のユダヤ人の氏族の姓 Ezra, Shimon, Cohen, Gilbert[信頼性要検証], Levy, Joshua, Jonathan をそれぞれ中国風にしたものであるという[2]。これらの姓の内の2つは、西欧のユダヤ人の姓に多く見られる Stone (Stein) やGold と一致している

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで

 

 

 

このユダヤ人である李氏が『李氏朝鮮』を建国したということですね。

では『李氏朝鮮』とはどのような国だったのか、見ていきましょう

 

 

李氏朝鮮末期の凄惨 (外国人の見聞録) – tyousen72 ページ! (jimdofree.com)

「恨の民族」…朝鮮半島の悲惨過ぎる歴史とその影響 | penguinのブログ (ameblo.jp)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(こちらから)

 

日本は江戸期300年の間に近代化の基盤形成が出来上がり、近代日本人の原型が形づくられました。

同時期に李氏朝鮮の500年は徹底した悪政を行い、極悪非道の利己主義によって国を支配しました。

権力の座にすわった者は暴虐の限りを尽くし、民衆はただ搾取の対象となり、 天地の道理、人間の道徳、良心の全てを呑み込み、消滅させてしまいました。

李朝は相互不信社会で、誰であろうと、いつどこで、誰に裏切られるかわからないという不安は権力者も民衆も同じです。だからお互いに嘘で騙し合い、 嘘を嘘と知りながら嘘から嘘へと自己膨張していきました。

李朝はこのように国民を際限ないまでに苦しめ、残虐をほしいままにしました。

李朝の下で、農民を中心とする国民は、いつも飢餓の線上でもがき死生の縁をさまよい、生きるためにはどのような事もでもした。まさに地獄そのものでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで

 

李朝の権力者は、民衆を人とも思わないような扱いをして徹底的に搾取し、自分たちだけ良い思いをして弱い身分の人間に対し、残虐な限りを尽くしてきたことがうかがえます。

調べると、見ているこちらが苦しくなってしまうくらいです。

こんなひどい国と時代があったんだなぁ。日本に生まれて良かった。

と思ってしまいそうですが、

 

 

この日本はまさにこの残虐な『李氏朝鮮』の末裔に今でも支配されている事がRAPTさんによって暴かれたのです

 

(1) 【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!! – YouTube

【小泉純一郎・安倍晋三】日本の歴代首相は、旧皇族と朝鮮王族の血筋である。 | Kawataのブログ 

 

 

安倍晋三の系図

 

安倍晋三の系図

 

安倍晋三は両親共に李家の血筋ですね。

 

 

台湾の大富豪である「李喜誠」とそっくりな「福田康夫」

 

 

福田康夫の父「福田赳夫」は韓国初代大統領の「李承晩」にそっくりです。

 

福田赳夫は過去に総理大臣も勤めいて、「李家」の末裔である「岸信介」に仕えていました。

更に自民党の『清和会』という党派を立ち上げた人物です。

「清和会」に属していたのは、「李家」の末裔、「安倍晋太郎」「岸信介」「森喜朗」や「小泉純一郎」などが有名です。

 

この「清和会」の事務局が初めに置かれたのが、「旧赤坂プリンスホテル」となっていた、「旧李王家邸」だったのです

李王家邸

 

 

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!! | Kawataのブログ

から

 

戦前の「李家」は、明治憲法下において、「皇室」と同じ地位を示す、「王公族」という位にありました。

しかし、戦後、「GHQ」によって、「明治憲法」が廃止され、多くの皇族たちが、皇籍離脱を余儀なくされ、身分を剥奪されました。

現在、そのような人たちは、「旧皇族」と呼ばれています。

彼らは素性を隠し、「清和会」と名を変えて、「李家」復活のために日々活動しているのです。

 

 

『令和』という元号の意味知っていますか?(こちらから)

 

令和

 

「令和」という言葉は、万葉集の、「梅花の歌」の序文から取ったとされています。

万葉集といえば、日本の和歌集なのですが、梅花の歌の序文は、中国の古典、「文選(もんぜん)」から孫引きしたものです。

◯「令和」の元ネタは中国の古典なのに…

 

「令和」という言葉の元を辿ると、日本ではなく、中国に行き当たるのです。

そして、「令和」という言葉の象徴である、梅の花は、実は「李家」の家紋でもあるのです!

この、黄色い梅の花のマークが、「李家」の家紋です。

うめ

梅の花は、中国語で「メイファ」と言います。

そして、中国では、「フリーメイソン」のことを、「メイファ(梅花)」と呼ぶそうです。

「チャイニーズフリーメイソン」は、三合会とも呼ばれていて、「李家」は、「三合会」を牛耳っていると言われています。

 

◯チャイニーズ・フリーメイソンーWikipedia

 

「三合会」とは中国マフィアの一派なのですが、「李家」の象徴がそのまま、中国マフィア、そして秘密結社の呼び名となっているわけです。

私たち庶民にとって、元号は、無い方がいいくらいのものですが、天皇制を重要視する人たちにとっては、とても重要なものです。

その元号を、「李家」の家紋を象徴する、「梅の花」を意味するものにしたということは、日本において、「李家」が相当な力を持っているということを表しているのです。

 

 

令和という元号の意味をみても、李家の末裔達がこの時代を李氏朝鮮のように支配したいという彼らの野蛮な意思が露骨に伝わってきます。

何より一国の元号であるのにエスペラント語に訳すとそんな卑猥な意味だったなんて、普通の人間からすると考えられないですよね。

 

◯RAPT BLOG 人工言語エスペラントは悪魔崇拝者たちの共通言語である。

ですがこれこそが彼らの素性だということです。

 

 

また、福田赳夫そっくりの韓国初代大統領『李承晩』についてこんなエピソードがあります。

 

第二次世界大戦中、一時的に日本が朝鮮を統治(日韓併合)していました。

第二次世界大戦で日本が敗退し、朝鮮から撤退した後にアメリカにいた『李承晩』が戻ってきて、韓国を建国しました。

その彼が目指したのはとにかく『李氏朝鮮時代の復活』だったようです

 

李承晩が抱いていた思想は、あくまで朝鮮半島は両班のものであるということです。
朝鮮半島の人も富も、すべては朝鮮人の両班のものでなければならないと考えていました。こちらから)

※両班とは朝鮮人の中のごく一部の貴族で、民衆を奴隷扱いして搾取し、民衆に対して絶対的権力を握っていた支配者層・権力者たちです。

 

李承晩政権の12年間はまさにおぞましい李氏朝鮮の再現です。彼は自らの地位を保つためにライバル、及び将来ライバルになりそうな人物を、情け容赦無く、ためらうことなく、多くの人を殺しました。李承晩の犯罪歴を上げていけばきりがないほどあります。大きい事件では「済州島事件」です。反政府蜂起鎮圧という名目で島民を6万人を虐殺し、済州島の村々の70%が焼き払われました。次に大きな事件として保導連盟事件があります。李承晩は共産主義からの転向者やその家族を再教育するための統制組織「国民保導連盟」作っていました。ところが1950年6月朝鮮戦争勃発をうけて、保導連盟に登録された者達と収監中の政治犯たち114万人を容赦なく大量虐殺しました。また1951年2月婦女子を含む老若男女約800名が共産党分子と見なして、一箇所に集めて全員を機関銃で虐殺した後、さらにガソリンをかけて焼き殺しました。(こちらから)

 

 

このように、李家の支配者達は、国民がどうなろうとも自分さえ良い思いをすればよいと考える、まさに悪魔のような人間です。

そんな者達に日本が支配されている現実をしっかり認識しなければなりません。

 

そして李家はイルミナティ13血流のうちの一つです。

RAPT | イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

 

 

このような支配者のことを上級国民と呼ばれています。

一般庶民では当たり前のように逮捕されることも、逮捕されないということが起きるのですね。

 

 

チュートリアル徳井が1億円もの脱税をしておきながら逮捕されないのはやはり李家であり、上級国民だからですね

徳井は李氏朝鮮の王女李徳恵と結婚した宗武志にそっくり
徳井

 

 

 

あげたらキリがないくらい、政界も芸能人も李家だらけです。

コメント