コロナは危険では無い数々の証言~コロナの実情とは~

歴史と世の中のカラクリ

私がコロナ脳の人にコロナは危険ではないことを伝えると、必ず言われるのが

「見えないところで沢山の人がコロナに感染して死んでいる」

と言うんですね。

 

本当にそうでしょうか。Twitter情報を拾ってみました。

 

コロナに感染して治った人の証言

 

 

週刊ダイヤモンドより
医者達は一向にコロナ患者に合わず人工呼吸器も余っていた

 

 

NYとLAで、テレビの報道に疑問を持った人が実際にコロナ患者で押しかけていると報道されている病院へ行き、どこもガラガラだったことを報道されている動画です↓

市民レポーターたちの逆襲 (NY / LA)

 

 

大阪で行われた専門家会議でも、専門家が「緊急事態宣言は効果なし」・経済を止める必要はなかった」と言ってます

 

 

 

ここまで見てもまだコロナが危険だと思う人はかなりのコロナ脳ですね。

実際にうちの夫の仕事先の人がコロナ陽性者となり、夫は濃厚接触者になった事があるのですが、その陽性者も一時熱が上がっただけで、すぐに熱が下がって元気に回復したそうです。

ただの風邪ですね!

なんでただの風邪にこんなに騒ぐのか、起こしている人達の本質を知る必要があります。

コメント