コロナパンデミックが計画されていたという証拠①。武漢は不正な臓器移植の巣窟だった。裏で繋がる創価人脈や企業

イルミナティたち上級国民は、大きな事件や騒動を起こすとき、必ずといってよい程予言したり、その形跡を残しています。

今回はリアルな視点でコロナパンデミックが上級国民が起こしたことだと分かっていただけるように書いていきたいと思います。

コロナパンデミックのシミュレーション会議

コロナ騒動が起こる数ヶ月前の2019年10月18日に、コロナウイルスのパンデミックのシミュレーションの会議「 Event201」が行われていたそうです。

プレスリリース (centerforhealthsecurity.org)

「 Event201」 は、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、WEF(世界経済フォーラム)、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が主催者となってニューヨークで開催されたようです。

「 Event201」 はどういった内容の会議かと言いますと

高レベルのパンデミックに備え、対処するための対策会議とのこと。

「 Event201」 というのは、壊滅的なパンデミック事例を意味する言葉で

そんなパンデミックに対処するために、産業界と各国政府、そして主要国際機関による協力体制を作ろうというのがコンセプトなのだそうです。

この会議のたった2ヶ月後にコロナウィルス感染騒ぎが起きている訳ですが、彼らが起こそうとしている計画会議だったということは疑いがないでしょう。

こちらは 「 Event201」 の正式なHPからの抜粋です

イベント 201 シナリオ

イベント201は、コウモリから豚に伝わる新しい人獣共通感染症コロナウイルスの流行をシミュレートし、最終的には人から人へ効率的に伝染し、重度のパンデミックにつながる。病原体およびそれが引き起こす疾患は主にSARSでモデル化されているが、それは軽度の症状を持つ人々によってコミュニティの設定でより伝染する。

この病気はブラジルの養豚場で始まり、最初は静かにゆっくりと始まりますが、その後、医療現場でより急速に広がり始めます。南米の一部の巨大都市の低所得者、密集した地域で人から人へ効率的に広がり始めると、流行は爆発します。最初にポルトガル、米国、中国への空の旅で輸出され、その後多くの国に輸出されます。最初は一部の国がそれを制御することができますが、それは広がり、再導入され続けており、最終的にはどの国も支配権を維持することはできません。

最初の年にワクチンが利用可能になる可能性はありません。病気を助けることができるが、病気の広がりを大幅に制限しない架空の抗ウイルス薬があります。

全人類が罹りやすくなるので、パンデミックの最初の数ヶ月の間に、症例の累積数は指数関数的に増加し、毎週倍増する。そして、事件と死が蓄積するにつれて、経済的、社会的な結果はますます深刻になります。

このシナリオは18ヶ月の時点で終了し、6,500万人が死亡します。パンデミックは、影響を受けやすい人の数が減少しているため、減速し始めています。パンデミックは、効果的なワクチンが存在するか、世界人口の80〜90%が暴露されるまで、ある程度の速度で続きます。その時点から、それは風土的な小児疾患である可能性が高いです。

引用元:イベント 201 シナリオ

「コロナウィルス」とまで設定されています。

参加者はこちら

主な出席者の顔ぶれを見てみよう。

ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターのアニタ・シセロ副所長、

ジョンソン&ジョンソン社のエイドリアン・トーマス副社長

国連基金の上席副総裁ソフィア・ボルヘス、

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団世界発展プログラムの責任者クリス・イライアス、

バイデン政権の国家情報長官に就任したアブリル・ヘインズ、

アメリカ保健指標評価研究所のジェーン・ホルトン、

アメリカCDCのスティーブン・レッド、

中国CDCのジョージ・ガオ、

アメリカの放送局NBCユニバーサルの重役ハスティ・タギなど、

政府機構から製薬会社、国連、そしてメディアを網羅する形で16人のメンバーが揃っていた。

引用元:予言となったパンデミック警告「イベント201」の脅威

ジョンソン&ジョンソン社 といえば、コロナワクチン製造企業ですね。

「ジョンソン・エンド・ジョンソン」のワクチンとは? 新型コロナ|NHK

主催者のビル・ゲイツはワクチンで人口削減するという発言で有名な人物ですね。

ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

コロナウィルスが発生する約3ヶ月前にドイツ・メルケル首相が武漢を訪問

「 Event201」 が開催された約一ヶ月前の 2019年9月7日 、ドイツのメルケル首相が 武漢の華中科技大学でスピーチ をしていて、その付属病院である華中科技大学同済協和病院にも訪問していたそうです。

メルケル首相の12回目の訪中は?

引用元:https://twitter.com/LudHGfA/status/1252948969568649217?s=20

この 華中科技大学同済協和病院は1907年にドイツ人医師であるErich Paulun氏が設立したShanghai German Medical Schoolを前身としており、1927年に同済大学に名称を変更しています。(こちら

メルケル首相ですが、実はあのナチスのヒトラーの娘だったのでは?と言われています。(こちらから)

目元、口元、頬の感じ、 遺伝子レベルで似ていますね。やはり親子としか思えません。

ナチスと言う言葉が出てきてぎょっとするかもしれませんが、実はコロナワクチンを製造する「モデルナ社」はその前身が、ナチスが使用した毒ガスを製造していた企業であったことが判明しました

コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた より抜粋

「IG ファルベン」は戦後解体され、その資産は「ジョージ・ソロス」に売られたらしく、彼がその社名を「IG ファルベン」から「モデルナ」に変えたそうです。

ジョージ・ソロス

そしてモデルナ社は、今やアメリカを代表する製薬会社として名を知られ、コロナ禍に乗じてワクチンを大量に生産し、暴利を貪っています。

○米モデルナ、ワクチン売上高2兆円に 21年見通し

しかも、モデルナの初代CEOには、かの悪名高い「アンソニー・ファウチ」が就任していました。

「アンソニー・ファウチ」は現在、米国立アレルギー感染症研究所の所長を務め、アメリカのコロナ茶番を主導しているわけですが、つい先日、彼が胎児を使った残酷な人体実験を行っていたことや、ビル・ゲイツと結託して幼児の人身売買を行っていたことなどが暴かれています。

【アメリカ】コロナ茶番を煽ってきたファウチ博士、中絶した胎児を使った残酷な実験を行っていた

ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

しかも、モデルナの主要株主は、小児性愛者の「ジェフェリー・エプスタイン」だったそうです。

(※ エプスタイン についてはこちらをご覧ください)

言うまでもなく、「ジェフェリー・エプスタイン」もビル・ゲイツとともに人身売買や少女売春を行ってきた“超”極悪人であり、紛れもない悪魔崇拝者です。

○【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!!

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

モデルナ社にはこんなにおぞましい事をする悪人たちが沢山関わっていたとのこと。モデルナ社のワクチンにも毒ガスの成分が入っているのではと疑ってしまいます。

武漢は非合法な臓器移植の温床だった

実は武漢は臓器の「移植医療の先進」といわれているそうです。

更にその中でも メルケル首相が訪問した武漢の華中科技大学同済協和病院 はドナー数以上の臓器移植が行われているそうで、合法的でない、非人道的な「臓器ビジネス」が行われていると ロンドン民衆法廷は最終裁定を下したそうです。

どうして「武漢が移植医療の先進」なのか
このほど、名古屋の中国人技能実習生を受け入れた湖北省武漢市は、移植界の成長をけん引してきた都市として知られる。

2015年、武漢で開催された中国臓器移植会議で、中国衛生部元副部長の黄潔夫氏は「湖北と武漢がなければ、中国の臓器移植はない」とまで言い切っている。現地メディア・湖北日報は2019年4月10日、武漢市の同済病院では1日に平均1件以上の移植が行われていると報じた。

しかし、武漢市は自発的な臓器提供は全国でも非常に少ない。同紙によると、武漢市では年間で1600体の臓器提供を必要としており、そのうち同済病院だけでも、500体は必要だったというが、武漢市全体で提供されたドナーの総数は300体にとどまる。移植医療では、ドナーひとり当たりで適合者が見つかる確率は、移植希望者20人のうち1人程度とされている。

少ないドナーにもかかわらず、武漢市の同済病院1カ所だけでも、毎日移植手術が施行可能となっている。この数字の不一致から、合法的で自由意志に基づく提供ではない臓器が利用されている可能性が高いと考えられる。

1年あまりかけて多数の証拠を検証し、人道犯罪を裁量するロンドン民衆法廷は、2019年6月、良心の囚人から強制収奪するという非人道的な中国の「臓器ビジネス」は相当な規模で行われ、現在も続いているとの最終裁定を下した。

中国共産党は組織的に「良心の囚人」つまり無実の罪で収監されている信仰者や少数民族、政治異見者から、臓器を強制摘出しているとの疑惑が消えない。

引用元:【大紀元】名古屋の実習生に心臓移植手術を行った中国人医師、年間100件以上執刀、臓器狩り関与の疑い

一日に4件もの心臓移植手術が行われた例や、患者一人に対し10日間で4つの心臓が提供された例など、にわかには信じがたい臓器供給ルートが確保されている中国の臓器移植現場の状況に、内外から疑問の声が上がっています。

「国内初!協和医院で一日に4件の心臓移植手術が行われました」

中国メディアの「楚天都市報」が昨年、8月6日のわずか14時間の間に、武漢協和医院で脳死患者をドナーとする4件もの心臓移植手術が行われたと報じました。

これは中国初であるだけでなく、世界的にもまれにみるケースです。また「長江日報」は今年3月18日、武漢協和医院で100例目の子どもの心臓移植手術が行われ、手術件数全国一位を維持していると報じました。患者である7歳の凡凡(ファンファン)君は、入院から一週間経たずに心臓の提供を受けました。驚くべき記録はこれだけではありません。昨年6月にはこの病院で、女性患者一人のために10日間で4つの心臓が用意されました。

台湾国際臓器移植思いやり協会の副理事長、黄士維氏
「金さえあれば、彼らはあなたに心臓を提供する。しかしその心臓はいったいどこから来るのだろうか」

中共は2015年1月、死刑囚からの臓器摘出を停止すると発表したため、今は自発的な臓器提供だけが、中共が自認する唯一の臓器提供源となっています。しかし、中国で自らドナー登録をする人は極めてまれです。

ドナーが減ったことで移植手術件数が減るはずですが、武漢協和医院では逆に増加しています。2015年と2016年のこの病院の心臓移植手術件数は2年連続で100例を超え、全国一位を維持しています。平均するとこの病院では三日で一回臓器移植手術が行われていることになります。

しかし、「湖北日報」が今年4月に報じたところによると、武漢の臓器提供者数が大幅に減っており、毎年1600人の提供者が必要とされているのに対し、実際提供される遺体の数は200体程度です。

米国在住の医学博士、李祥春氏は、2017年の米国のドナー登録者数は約1億3000万人で、2018年のデータによると、患者は通常、適合する心臓が見つかるまでに6か月から9か月待機する必要があると述べています

中国最大のドナー登録サイト「施予受(ラブ&ホープ)」では、2018年5月初めの時点で登録者数がわずか30万人にとどまっているため、2017年にこの人数を上回っていることはあり得ません。しかし中共は2017年の死亡者の中から5148件の臓器提供が行われたと発表しました。李祥春さんは、それは不可能だと考えています。30万人の登録者のすべてがすぐに死亡したわけではなく、死亡率の問題があるからです。

米国在住の医学博士、李祥春氏
「2018年の中国大陸の平均死亡率は7.13‰で、そのうち臓器移植手術に適合するものは1%から2%だ。なぜなら、一般的な疾病による死亡の場合、その人の臓器はたいてい臓器移植には適さないからだ。このように計算すると、1年間の死亡者の中で臓器提供が可能な人数は40人に満たないかもしれない。ということは、2017年の臓器提供者のほとんどは、自発的な提供者以外の人だということになる」

李祥春氏は、このことで中共のいう臓器提供の話は全てでたらめだということが分かると指摘しています。

李祥春氏
「よって、(武漢協和医院)が4個(の心臓)は自発的な臓器提供によるものだという話は、基本的には可能性はない」

引用元:1日に4つの心臓提供 武漢協和医院の不可解な臓器入手ルート【禁聞】

一年間で臓器提供が可能な人数が40人に満たないというのに2017年は5148件もの臓器提供が行われていたり、適合する心臓が見つかるまで 6か月から9か月待機する必要があるというのに たった13日で手術が行われていたり(こちらから)、めちゃくちゃです。

武漢でこれだけ異常な数の臓器移植が行われているということですが、それだけ悪魔の生け贄に捧げられていたと言うことでしょう。

この 武漢の華中科技大学同済協和病院にメルケル首相が訪問した数ヶ月後にコロナウィルスが武漢で発生したと報じられて、 華中科技大学同済協和病院に患者が溢れかえったという一連の流れ。 (こちらから)

武漢も華中科技大学同済病院もコロナパンデミック計画に完全に加担していたとしか考えられません。

武漢と連携している愛知・ 藤田医科大学病院

更に 華中科技大学同済病院 と日本の愛知県の藤田医科大学病院が連携して臓器移植を行っていることも分かりました。

「捨てるほどある臓器」日本から中国へ渡航移植手術をあっせんするNPO団体 案内を再開

2020年、愛知県名古屋に技能実習生として来日中に心臓病を患った中国人女性(24)が6月13日、 藤田医科大病院から 新型コロナウイルスの世界的流行により、日本と中国を結ぶ空の便は全面停止していたにもかかわらず、中国のチャーター便で入院先の武漢に渡ったそうです 日本では移植までの待機期間は3年必要 とされているそうですが、日本から出発してたった13日後に華中科技大学同済病院 で手術を受けられたとのこと。

藤田医科大病院 のサイトでは美談として取り上げられています。

心臓移植目的での患者受け入れを表明して下さった華中科技大学同済医学院附属協和医院 董念国(とう・ねんこく)教授のチームが精力的に動き、2020年1月末に武漢の病院で移植が実現する予定でしたが、中国におけるCOVID-19感染者急増を受け、搭乗を予定していた中部国際空港からの定期便が直前で運休となり、中国へ帰る道が閉ざされてしまいました。4月に入り武漢市の都市封鎖が解除されたため、中国南方航空にチャーター便の運航を働きかけるなど奔走し、厳しい出入国制限が続くなか帰国が実現しました。

引用元:第1教育病院に入院していた重病の中国人女性が母国で治療を受けるられるよう日本と中国の「善意のリレー」が行われました | 藤田医科大学病院

いかにも善意で行われたように書かれてありますが、 武漢の華中科技大学同済医学院附属協和医院が不正に心臓移植を行う病院であることは周知のはずですし、 女性患者を受け入れたとされる董念国(とう・ねんこく)は 人権団体により「臓器狩りに関与していると疑われる者」としてリストアップされている人物だそうです。

今回、女性実習生の手術を執刀した華中科技大学同済医学院附属協和医院(以下、武漢協和病院)の董念国教授は、人権団体により「臓器狩りに関与していると疑われる者」としてリストアップされている。

引用元:名古屋の実習生に心臓移植手術を行った中国人医師、年間100件以上執刀 臓器狩り関与の疑い

そんな中国の病院と提携して患者を引き渡す藤田医科大病院は犯罪者に加担したも同じです。

10日間で3度も提供された心臓 名古屋実習生の武漢での移植手術 | | quitccpjapan

藤田医科大ですが、交流協定を結んでいる大学の1つに「 Event201 」が開催された ジョンズ・ホプキンス大学があります。

藤田医科大学 – Wikipedia

ジョンズ・ホプキンス大学はイルミナティ支配下の大学として有名のようです。

あまり日本では知られておりませんが、メリーランド州ボルチモアにある、ジョンズ・ホプキンス大学は、医学の分野で、ハーバード大学と双璧をなす名門校であります。 

心理学や哲学の分野では、フロイトを輩出したウィーン大学や、デリー大学の哲学科が世界の超一流とされていますが、ジョンズ・ホプキンス大学の心理学研究も世界に知られており、「麻薬によって人間をロボット化する研究」、「電磁波を使って人間の脳をコントロールする研究」、「核兵器の恐怖により人間を支配する研究」 などが有名です。

また第二次世界大戦では、「日本人の戦意を喪失させる研究」 を行い、東京大空襲・広島長崎への原爆投下の計画は、ジョンズ・ホプキンス大学で練られたもので、これは 「一般市民が、どの位、大量虐殺されれば、その国の国民、軍部が戦意を失うか」 という心理戦争の効果を実験・検証するもので、この作戦は 「プルデンシャル一般大衆爆撃」 と命名され、作戦の指揮をとっていたのは、ルーズベルト大統領直属の「心理戦争局」の局長エイブリル・ハリマン(ハリマン銀行社長)であります。

引用元:フリーメーソン-107  ジョンズ・ホプキンス大学

恐ろしい研究をしていますね。 「電磁波を使って人間の脳をコントロールする研究」 は酸化グラフェン入りのワクチンと5Gによって起こそうとしている計画を彷彿とさせます。

ジョンズ・ホプキンス大学でも2018年にコロナパンデミックを予言していたそうです。

ジョンズ・ホプキンス大学の『パンデミック報告書』が、2年前にコロナの出現を予見し、警告! )

藤田医科大病院の建物はピラミッドが乗っていたり、6角形や八芒星?のような形の建物があったり、悪魔要素満載です。

藤田医科大のWikipediaにもこう書かれてあります。

創立者である藤田啓介の存命中に建てられた校舎の多くは、ベンゼン環をモデルとした六角形構造である。

引用元:藤田医科大学 – Wikipedia

RAPT×読者対談〈第91弾〉悪魔崇拝と麻薬。

RAPT×読者対談〈第112弾〉現代科学の知識はどこまで本当か。

「ベンゼン」とは「劇薬に指定されるほどの毒性の強いもの」だそうです。

そんな藤田医科大学病院では現在大量にワクチンを接種させる為の訓練を行っているそうです。

サイバーパンデミック演習は7/9より抜粋

藤田医科大病院(愛知県豊明市)は12日、新型コロナウイルスのワクチン集団接種の訓練を同市の大学体育館で実施した。

近く始まる予定の医療従事者への先行接種を想定し、1時間50人のペースで接種する流れを確かめた。​接種後に強いアレルギー反応が出た人を「ドクターカー」で運び出す訓練も実施した。

藤田医科大病院は、ワクチンを保管して1カ所で1000人以上の接種に対応できる「基本型接種施設」の一つ。

​アナフィラキシー(ショック)反応の訓練!?
わかっているわけだ、

1時間50人のペースで接種するだとか、接種後に強いアレルギー反応が出ることを見越した訓練って、ワクチンが危険なこと分かってやっていますよね、絶対。

マヤ文明の生け贄儀式

建物の上のピラミッドも、生け贄の象徴ですね。

マヤ・アステカ・インカ文明で行われた残酷な生贄儀式が、すべて日本に起源があるという明確な証拠。

藤田医科大学病院は創価学会

藤田医科大学は、 『ブラックペアン』 というドラマのロケ地になっていたようです。

ドラマ『ブラックペアン』は、天才的な縫合技術を持つ孤高の天才外科医・渡海征司郎が主人公。 傲慢な性格と言動から「オペ室の悪魔」とも言われる渡海が、「外科医の腕を全く必要としない」最新医療機器の導入の影に隠された不正や過去を巡り、大学病院と真っ向から立ち向かって行く様を描く物語です。

ペアンとは 鉗子(かんし)のことで、 心臓手術などの時に使う止血用鉗子だそうです。

Vol.4:監修ドクターが解説 “片っ端から、教えてやるよ。”|TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』

こちらを見る限り、 全編通して心臓外科手術に関する話のようです。

なんと、このドラマのロケ地は藤田医科大学病院以外に 創価大学、皇居も出てくるそうです。

完全に創価学会繋がりですね。

  • 1 ブラックペアンロケ地の藤田保健衛生大学病院(愛知県豊明市)の外見がすごい!/
  • 2 ブラックペアンロケ地の東千葉メディカルセンターがすごい!
  • 3 ブラックペアンロケ地/緑山スタジオ
  • 4 ブラックペアンロケ地/創価大学
  • 5 ブラックペアンロケ地/プラサ・ヴェルデ沼津
  • 6 ブラックペアンロケ地/皇居

引用元:ブラックペアンロケ地/藤田保健衛生大学病院と東千葉メディカルセンターがすごい!

「 Event201」会議から藤田医科大学に至るまで見ていくと、やはり彼らがコロナパンデミックを起こすために計画してきたことがお分かりかと思います。関わる人物や病院・大学が限りなく悪だと分かるからです

イルミナティは裏で繋がりながら日本では創価学会としてが悪の根を張っていると言うことです。危険なワクチンを打たせて人を殺して悪魔の生け贄にしようとしているのではないでしょうか

コメント