世界は悪魔崇拝者たちが支配している。悪魔を拝むって何?おぞましい実態が分かれば世の中が見えてくる

この世の支配者が悪魔崇拝をしていると書きました。

真実を知らない人は、政治家たちの言動、行動が何かおかしいとは思っていても、まさか確信的に悪を行っているなんて思いもよらないのではと思います。

ですが、彼らが本気で【悪魔崇拝】を陰で行っていることが分かり、真実を知るほど、世の中のことが見えてきます。

そしてトップたちが確実に国民を殺そうとしていることが理解できると思います。

悪魔崇拝と聞くと、あたかもオカルトのように聞こえるかもしれません。

オカルトという言葉も、彼らが自分達が陰でしてきた悪をあたかも嘘臭さを演出したり、神秘的に思わせたりして、煙に巻くために作り出した概念だといえるでしょう。

【悪魔崇拝】はオカルトではなく、完全な【事実】だと知っていただければと思います。

悪魔崇拝ってなに?

そもそも【悪魔崇拝】とは簡単に言うと、

霊界に存在する悪魔を拝むことで、悪魔から啓示や力をもらうこと。

その悪魔が好み、要求するものは【人間(特に幼児)の生け贄や、虐待をすることで得られる恐怖の負のエネルギー、その血】また【汚物】などです。それらを悪魔に捧げることで、悪魔が喜ぶのだそうです。

また生け贄にした人間の肉を食べたり、血を飲むことで悪魔と繋がり、地位や名誉を得てきたそうなのです。

よく【悪魔に魂を売る】という言葉を耳にしますが、生きている間、富や名誉や名声を得る代わり、に自分の命やそれに替わる人の命を悪魔に捧げることを意味しているといえるのですね。

レディーガガが魂をイルミナティ暗黒勢力に売ったことを後悔しているという嘘(閲覧注意)

猟奇的な殺人については、反逆者への見せしめの意味もあるそうです。

実際、フリーメーソンの儀式では「秘密を守らなければ喉を掻き切られることを約束します」と誓わされます。以下の動画の0:09あたりに出てきます。

RAPT | 佐世保女子高生殺人事件は紛れもない冤罪です。悪魔崇拝者による報復殺人でした。

芸能人や有名人が早死にするのも、悪魔との契約や反逆と関係している場合が多々あることが分かります。

“悪魔の音楽”の歴史:悪魔と契約し、悪魔を歌い、悪魔を利用し、悪魔に感謝してきたミュージシャンたち

ブラッド・ピットがハリウッドの小児性愛犯罪を暴露(日本や世界や宇宙の動向)

さらに淫乱なことをすることでより悪魔は喜ぶのです。これから書きますが、彼らは異常なほど小児性愛者であったり、同性愛者であったりします。

なぜそんな常軌を逸することをするのかというと、全てが神様に反逆するためです。

キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

そのような、この世を牛耳り悪を貪ってきた人達を【イルミナティ】や【フリーメイソン】と言います。

彼らは自分達だけでなく、全ての人間を悪魔に繋げようと、政治・経済・芸術・芸能・医療・教育など、あらゆる分野を支配して悪なる思想を植え付けてきました。

『シオンの議定書』概要より

【第九の議定】
 
★非ユダヤ人の制度をせっかちに破壊しないため、我々は、きわめてソフトに事に取り掛かった。まず、かつては規則正しく動いていたぜんまいに細工をし、これを自由主義的放縦を仕掛け、不整脈を打つようにした。
 
こうして、我々は、裁判、選挙、マスコミ、個人の自由、ことに本当の自由の基礎である教育を崩したのである。我々は、それが嘘であると百も承知の主義、学説を非ユダヤ人の青少年に教え、彼らを欺き愚鈍にし、腐敗させた。

引用元:「シオンの議定書」の概要。ユダヤ金融資本の行動パターンが理解できる重要書です。

では事例をあげていきたいと思います。

5万人の幼児虐殺事件への関与でエリザベス女王に逮捕状

ご存じですか。エリザベス女王と前ローマ法王ベネディクト16世がカナダの幼児5万人を虐殺したとして、逮捕状が出ています。

〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。より一部抜粋

バチカンや英国王室がサタニズムの牙城であり、子どもの生贄を必要としているという悪魔教の核心が、これで如実に証明されたことにもなります。これは、Kevin D. Annettさんという、ご自身も牧師さんである方が、暗殺の危機にさらされながら、地道な現地調査を重ね、動かせない事実を集めて、国際的な裁判所に提訴したものです。
元記事(英文)はこちら> http://itccs.org/
 
この世紀の超特大ニュースはメディアは絶対に報道しませんので、是非とも拡散をお願いいたします。
 
バチカンと英国王室は、カナダの先住民インディアンである、モホーク族の寄宿舎で虐殺を行なっていました。これは1960年代から行われていたと言われる、とんでもないジェノサイドで、子供たちを強制的に寄宿舎に入れ、細菌感染や拷問などで、推定5万人以上を殺害したというものです。
 
無垢な子供たちが、何のいわれもなく誘拐されて殺害されるなど、とても考えられないことですが、血を欲する彼らは平気でやっていたようです。
 
上の書類は、判決文と被告人一覧です。ちなみに彼らは個人資産も全部没収されるそうです。
 
カナダでの大虐殺事件については、チームロケットのwake up Japanさんが、アレックス・ジョーンズのInfo WARSの番組に翻訳をつけてくださっていますので、これを見れば一目瞭然です。
 
カナダにてアボリジニの子供達の大虐殺

ローマ法王ベネディクト16世が、在任中に突然退任を発表したそうですが、この事がきっかけではと推測されます。(追記:天皇派対教皇派の争いだったことが分かりました(こちらから))

バチカン、イエズス会、ローマ法王、王族による生贄儀式と児童虐殺が法廷で明らかにより一部抜粋

世界的に行われてきた児童売買と儀式的殺害の罪で告発された複数の教会指導者らの裁判が開始した。
 
法廷では8人の証人(被害者)らが彼らの犯罪を証言している。
 
被害者の証言により教会指導者らや王族らが実際にどのような犯罪を行ってきたのかが分かってきた。
 
その犯罪の内容とは、英王室、オランダ王室、ベルギー王室は、英国教会が所有するカナダのインディアン居住学校 で発生したモホーク族の子供たちの拉致事件と殺害事件に関与していたというものである。
 
イエズス会の資料には、ローマ法王には新生児の儀式的殺人を行う特権が与えられていると記されている。さらにベネディクト(前)法王は第2次世界大戦中に生贄儀式を行う闇の騎士団に所属していたことが分かった。
 
証拠資料によると、ローマ・カトリック教会と英国教会は、世界中に児童売買ネットワークをはり巡らせ、世界中の児童を拉致し、生贄儀式では、児童を強姦したり、拷問を加えたり、殺害していた事が分かった。
 
2人の若い女性被害者らは、2009年と2010年に、第9サークル(児童生贄ネットワーク)による恐怖のカルト生贄儀式の中でホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(後にフランシスコ法王)に実際に拷問を加えられ強姦されたと法廷で証言した。
 
生贄儀式の目撃者(被害者)の証言によると、儀式に参加した者(教会の指導者)たちは、儀式中に新生児を石の祭壇に載せ、身体を細かく切断した後、新生児の血を飲み、肉や骨を食べたことが分かった
 
被害者の証言では、1960年代に行われた生贄儀式には、ベネディクト(前)法王、枢機卿のダッチ・カーディナル・アルフリンク(Dutch Cardinal Alfrink)、そしてベルンハルト・ファン・リッペ(オランダのユリアナ女王の王配)などが参加したことが分かった。

最近では、2009年と2010年に、オランダとベルギーで行われた生贄儀式中に新生児が殺害された。
 
このような生贄儀式には、カトリック教会や英国教会だけでなく、英国王室、ベルギー王室、オランダ王室が関与していたことが分かった。彼らはカナダのブラントフォード居住学校からインディアンの子供たちを拉致し、儀式中に殺害していた

儀式中に身体を細かく切断したり、新生児の血を飲み、肉や骨を食べるなんて、気が狂っているとしか思えません。

カナダの先住民寄宿学校跡地から大量の子供の遺体

カナダの大量虐殺については、最近よくニュースに取り上げられています。

【エリザベス女王・ローマ法王による幼児虐殺】カナダの先住民寄宿学校の跡地で215人の子供の遺骨発見 

【カナダ】先住民寄宿学校の跡地から墓標のない墓が751基発見 現在も粛々と実行される先住民の大量虐殺

彼らは、幼い先住民の子供たちをさらっては監禁し、天然痘にわざと感染させて人体実験を行い、食事を満足に与えることもなく、常に精神的、肉体的に苦痛を伴う拷問・性的虐待を加えた上、虐殺していたそうです。

しかも子供たちは、殺される際、機械で手足を引きちぎられていたらしく、実際に体を引き裂く拷問器具などが発見されています。

今回、遺骨の発見された寄宿学校が運営されていた時期と、エリザベス女王たちがカナダで幼児虐殺を行なっていた時期がほぼ同じであることから、今回発見された子供たちも、エリザベス女王たちの手にかかって殺害されたと考えて間違いありません。

○1960年代にカナダで大量虐殺!エリザベス女王とローマ法王の悪事。

カナダはエリザベス女王の支配下にあり、現在では秦氏・ロスチャイルド本家の拠点になっていますが、彼らがやたらとカナダにこだわるのも、それだけこの国で悪魔崇拝儀式が盛大に行われてきたからでしょう。

○RAPT×読者対談〈第109弾〉カナダは次の秦氏=ロスチャイルドの拠点となる。

○米政府が日本渡航中止勧告 ロスチャイルド本家(秦氏)が東京五輪中止を目論む

引用元:【エリザベス女王・ローマ法王による幼児虐殺】カナダの先住民寄宿学校の跡地で215人の子供の遺骨発見 

このように、カナダの先住民による大量虐殺が、英国エリザベス女王やローマ法王、その他の王族によるものだったと暴かれました。

裁かれるカナダ ~生き残ったインディアンの人が語る悲しい実態~

生き残ったカナダの先住民の方も、「あらゆる虐待を受けてきた」と、その悲しい過去を語られています。

○「あらゆる虐待を受けてきた」 カナダの先住民寄宿学校問題、生存者が語る

このように、国もグルになって行われてきたカナダ先住民へのあまりに酷い虐殺が次々と明らかになったのです。

カナダでは、記録的な熱波で異常気象が発生しているそうです。(こちらから)

このように異常気象に見舞われている西部ブリティッシュコロンビア州では、今年5月に先住民寄宿学校跡地から虐待によって殺された215人の子どもの遺骨が発見されたばかりでした。

その他の地域でも先月、751基の墓が発見されたため、計1000人近い先住民の子供たちの遺骨が見付かったことになります。

しかし、発見されたのはほんの一部で、実際の死亡者数は全体で少なくとも3200人から、多くて1万人にも達すると見られています。

カナダでは当時、数え切れないほど大勢の先住民が虐殺され、その子供は寄宿学校に入れられ、虐待や拷問を受け、最終的には悪魔崇拝儀式の生贄となって次々と殺害されていきました。

そういった残虐な行為を行っていたのはエリザベス女王とローマ法王、そして彼らに与するカトリック教徒たちでしたが、カナダ政府もこの実態を知っていながら、寄宿学校に補助金を交付しつづけたそうです

現在、遺骨の発見された同州で過去にない災害が発生し、多くの人が熱波で死亡しているわけですが、これは国をあげて先住民を虐殺してきたことへの裁きではないかと考えざるを得ません。

悪魔の所業としか思えません。そして虐待や虐殺が行われているのは決してカナダだけではありません。全世界にいる悪魔崇拝者たちによって今でも世界中で行われているのです。

英国王室だけでなく、ベルギー王室、オランダ王室、またカナダ政府までが関与していたとのことです。エリザベス女王についてはこんな動画を発見しました。

エリザベス女王を見て逃げ出す子供(こちらから)

こちらは小児性愛犯罪者ではないかと思われる男が現れた時の子供の反応ですが、尋常じゃなく子供が怯え泣き叫んでいます。(こちらから)

イギリスの王室は、400件以上の児童や病院の患者に対して性虐待事件を引き起こしていたBBCテレビの司会者であったジミー・サヴィルに「騎士(ナイト)」の称号を与えていたことでも知られています。(こちらから)

性犯罪者ジミー・サヴィルとエリザベス女王
性犯罪者ジミー・サヴィルtととチャールズ皇太子

しかも、サヴィルの「チャリティ」の名を利用した活動資金は、イギリス政府を代表してサッチャー首相から手渡しされていたそうです。(渡しているのは、小切手)

イギリスは国をあげての悪魔崇拝国家ですね。しかしこれはイギリスだけではありません。

日本とイギリスの繋がりについて~ガーター勲章~

ガーター勲章

英国エリザベス女王が完全に悪魔崇拝者だということがお分かりいただけたかと思いますが、

エリザベス女王が主権者である悪魔崇拝組織『ガーター騎士団』から明治天皇~平成天皇に至るまでガーター勲章を授与され、平成天皇も、ガーター騎士団のメンバーとなっています。

天皇・ガーター勲章
エリザベス女王・ガーター勲章

RAPT | 天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

カンタベリー大聖堂でフリーメーソンの記念礼拝、エドワード王子も出席へ : 国際 : クリスチャントゥデイ

セント・ジョージ礼拝堂で輝く菊の御紋。ガーター勲章の歴史 | オックスフォードな日々

オックスフォードから電車でロンドン方面に一時間ほどのところにあるウィンザー(Windsor)という場所に行って来た。ここにはウィン ザー城という女王エリザベス二世が週末を過ごすお城で有名な場所であり、そしてその城内にはセント・ジョージ礼拝堂(St George’s Chapel)というとても立派な礼拝堂がある。

礼拝堂に入ってみると、その豪華な天井に圧倒される。しばらく座ってそれに見惚れた後、英国の最高勲章、ガーター勲章に叙されたガーター勲爵士の旗と紋章の数々が両脇高くに掲げられている一室に足を踏み入れた。そして、その中の一つの紋章に目が釘付けになった。

日本人であるのならば誰もが息を呑むことであろう。その中に唯一デザイン様式の異なる、立派な菊の御紋が堂々と掲げてあったのだ。

オーディオガイドは何一つ言及しなかったが、誰がどう見てもそれは日本の皇室の紋章、十六八重表菊であり、この思いがけない日本との対面に僕は少しだけ戸惑った。

引用元:セント・ジョージ礼拝堂で輝く菊の御紋。ガーター勲章の歴史 |

イギリスはイルミナティのトップであるロスチャイルドのお膝元なので、調べるとわんさか出てきます。ロスチャイルドとは

【総資産1京!?】ロスチャイルド家の家系図と日本とのつながり

日本とイギリスがこんなに親交が深いのも、ロスチャイルドが深く関わっています。挙げるときりがないのですが、こちらにリンクを貼っておきます。

ロスチャイルドとイエズス会と天皇が悪魔を召喚するプロであるという証拠。

明治維新にもロスチャイルドが関わっています。

例えば天皇家である麻生太郎の娘・彩子はロスチャイルド家に嫁にいっています。

麻生太郎議員の娘(彩子)は東大出身でロスチャイルド家のフランス人と結婚

麻生太郎が天皇家であることはこちらの系図をご覧下さい

麻生太郎は天皇家(安倍も)

天皇家や麻生太郎の悪事について話すとキリがありません。

天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。

「麻生太郎」とロスチャイルド家との強力なつながり。またはベンジャミン・フルフォードの正体。

麻生太郎の祖父・吉田茂も相当な悪事を働いてきたことが暴かれましたが、彼は2度も『人を食う』発言をしています。

日米修好通商百年祭に日本の代表として訪米し、外国人記者団に質問されたとき、元気な様子を褒められると、「元気そうなのは外見だけです。頭と根性は生まれつきよくないし、口はうまいもの以外受け付けず、耳の方は都合の悪いことは一切聞こえません」と応じた。特別の健康法とか、不老長寿の薬でも、という質問には、「はい、強いてあげれば人を食っております」とすました顔で即答した。

引用元:吉田茂 – Wikipedia

吉田は米寿をすぎてもまだ矍鑠としていたが、ある日大磯を訪れたある財界人がそんな吉田に感心して「それにしても先生はご長寿でいらっしゃいますな。なにか健康の秘訣でもあるのですか」と尋ねると、「それはあるよ。だいたい君たちとは食い物が違う」と吉田は答えた。そういった食べ物があるのならぜひ聞きたいと財界人が身を乗り出すと、「それは君、人を食っているのさ」と吉田はからからと笑った。これが吉田がこの世に残した最後のジョークとなった。

引用元:吉田茂 – Wikipedia

このように、日本は悪魔崇拝者エリザベス女王のお膝元であるイギリスと、昔から深い関係があるのです。

ガーター騎士団・外国人

悪魔崇拝組織ガーター騎士団のメンバーの国々です。

『イルミナティ悪魔の13血流』の著者フリッツ・スプリングマイヤーによれば、イルミナティの中枢は特定のファミリーによって構成されているという

~一部省略~

イルミナティは今でも存在しており、その会員は各国の要人、富豪、貴族、学者などによって構成されているという。イルミナティは9位階に分類され、その最高位階「王」(king)であり、この「王」の位には特定のファミリーが君臨している。

これらの国々のトップは悪魔崇拝者ということですね。なぜこんなに世界のトップが繋がっているかといえば、彼らは元はユダヤ人だからです。

少女らへの買春・性的虐待で逮捕されたエプスタインと関わった各国著名人

ジェフリー・エプスタインは、2008年と2019年に10代の少女らへの性的虐待で逮捕され、裁判開始前に自殺した米富豪です。

ジェフェリー・エプスタイン

エプスタインはカリブ海に浮かぶヴァージン諸島を構成する島の一つリトル・セント・ジェームズ島を所有し、1000人以上の子供を孤島に連れて乱交するために児童買収斡旋していたといわれています。リトル・セント・ジェームズ島は『エプスタイン島』と呼ばれ、「罪の島」「ペドフィリアの島」「乱交島」と悪名を馳せ、少女たちに対する殺人が常態的に行われていた疑いがあります。

リトル・セント・ジェームズ島 – Wikipedia

『疑い』ではなく確実に悪魔崇拝をしていたのでしょう。

彼の死後、エプスタイン島の周囲から大量の子供の骨が発見されているそうです。

また世界中の財政界のトップ達や、権力や財力を握る著名人、セレブ達、有名企業、名門大学までもがエプスタインと関わったとして名が挙がっていることで波紋が広がっています。エプスタインはその口封じで殺されたのではともいわれています。

日本人や日本企業も見受けられるそうです。

1200億円とも言われる資産家だったエプスタインが、 エプスタイン島に行き来していたとされる プライベートジェット機の搭乗記録名簿には、島に訪れた世界中のセレブの名前が書かれていたと言います。

また、彼の元執事が所有していた「ブラックブック」と呼ばれる手帳(リスト)にも、エプスタインと関わった共犯者である国際的な政治家やハリウッドスター、映画監督、王室などの貴族の名前の名前が書かれていたそうです。

一度目の逮捕の際に刑務所に入っているそうですが、終身刑の可能性があったにもかかわらず、たった13カ月の禁固刑で済んだそうです。

しかも収監先も監視の緩やかなパームビーチ郡の刑務所で、日中は刑務所から外出してOK。夜に刑務所に戻って来ればいいという緩い対応だったようです。

当時の大統領であるトランプもエプスタインと交流があったくらいですから、隠ぺいするために司法を動かしたのでしょう。しかし2019年に反トランプ側によって再捜査され、再逮捕に至ったそうです。

ドナルド・トランプとエプスタイン(こちらから)

エプスタインはイスラエルの諜報機関『モサド』の工作員で、著名人たちを脅してトラップをかけることで弱みを握り、富を得てきたのではともいわれていますが、いずれにせよ、この事件で世界中に張り巡らされていた『悪魔崇拝者』たちの実態が明るみに出たことは確かです。

富豪慈善家の性犯罪と怪死…謎の「エプスタイン事件」世界に走る激震 | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

【エプスタイン島の闇】報道されない触れてはいけない裏世界の謎と都市伝説を徹底解説・考察

【エプスタイン事件】すべてを手に入れた者たちの飽くなき欲望 |

エプスタインとビル・ゲイツ | 新地球へようこそ (ameblo.jp)

エプスタインと関わりのあった人達を挙げます。

ジョー・バイデン大統領、ブッシュ元大統領、オバマ元大統領、、ビル、クリントン元大統領、元米国財務長官ラリー・サマーズ、ジョン・ロバーツ最高判事、アンドリュー王子(イギリス王室)、元米ニューメキシコ州知事ビル・リチャードソン氏、サウジ皇太子、ネタニヤフ、元イスラエル首相のエフード・バラック

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの故マービン・ミンスキーMIT名誉教授(MIT AI研創始者、チューリング賞、日本国際賞受賞)

マサチューセッツ工科大学(MIT)学長のラファエル・レイフ氏

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長の伊藤穣一氏

ハーバード大学進化生物学の教授、マーティン・ノワク氏の進化ダイナミクス・プロジェクトの立ち上げを支援2003年、寄付額は650万ドル(約6億8,900万円)とされている。

ハーバード大学教授、ジョージ・チャーチ氏も、科学メディア「スタット」のインタビュー記事(8月5日付)で、2005年から2007年にかけてエプスタイン被告からの寄付を受けた、として謝罪している。

プリンストン大学、コロンビア大学、ニューヨーク大学、コーネル大学、ペパーダイン大学、オハイオ州立大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、サンタフェ研究所、ロックフェラー大学、ペンシルベニア大学など。

英国の理論物理学者、故スティーブン・ホーキング氏

「クォークの父」といわれるノーベル物理学賞受賞者、故マレー・ゲルマン氏ら

2017年のノーベル物理学賞を受賞したキップ・ソーン氏クリントン夫妻

デイビッド・ロックフェラー(財団)

マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)

ビル・ゲイツ(ワクチン)

ジョージ・ソロスの甥ピーターソロス

エプスタインと結託していたギレーヌ・マクスウェル

ハリウッド

ケビン・スペイシー、トム・ハンクス、レオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップ、スティーブン・スピルバーグ、、タランティーノ、チャーリー・シーン、ジョン・トラボルタ

アレック・ボールドウィン(俳優)、レイフ・ファインズ(英俳優)、ナオミ・キャンベル(モデル)

インテルCEO

マクドナルドCEO

ディズニーCEO

コカ・コーラCEO

カルロスゴーン(日産)

エプスタインの人脈を広げてきたブロックマン氏の代表を務めるエッジ・ファウンデーションと、オンラインサロン「エッジ」の参加者

グーグル創業者のラリー・ペイジ氏とサーゲイ・ブリン氏、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏といった起業家、ブライアン・イーノ氏、ピーター・ガブリエル氏らのアーティスト、ジャーナリストら、MITの伊藤氏、ロイド氏、ハーバード大のチャーチ氏

エプスタインとクリントン(こちらから)
アンドリュー王子とエプスタイン(こちらから)
エプスタイン島に向かうオバマとジョージクルーニー

更にこちらのリストの中には日本人の名前が沢山並んでいます。驚くことに明仁上皇、貴乃花の名前もあります。

エプスタインの売春島で遊び呆けた日本の悪人たちのリスト流出

日本のエプスタイン島「豊島」と三浦春馬との繋がり

「エプスタイン島」と検索すると「東京ディズニーランド」や「豊島」「淡路島」「三鷹の森ジブリ美術館」などが出てくるそうです。

【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり | RAPT理論のさらなる進化形

調べていくと、どこも実際にエプスタイン島のようなことが行われているのではと思わざるを得ません。

なんと、その1つ瀬戸内海に浮かぶ「豊島」と三浦春馬の死との関係が分かってきました。

「豊島」の周辺の島々では、数々の芸術作品が展示された「ART SETOUCHI」というプロジェクトが行われおり、「ベネッセ」「アミューズ」、鹿島、三井不動産など、イルミナティの中核企業がいくつも名を連ねているそうです。

ART SETOUCHI (setouchi-artfest.jp)

どれも見るからに悪魔的で気味が悪いです。

その「豊島」には、三浦春馬が所属していた事務所アミューズの保養所があるそうです。その保養所が少女買春の現場になっているのではと言われているのです。

その一方で、

三浦春馬は豊島にある横尾美術館の写真をInstagramにUPしており、そちらの「ベネッセ」の美術館こそが幼児誘拐、人身売買の舞台になっていることを暴露しようとしていたのではないかとも言われています。

豊島横尾館 | アート・建築をみる | ベネッセアートサイト直島 (benesse-artsite.jp)

三浦春馬がUPしたInstagramの写真

三浦春馬はその他にも「豊島」をにおわせる投稿をInstagramにいくつもUPしていたそうです。

三浦春馬さんはアミューズの豊島保養所が小児性愛者たちの日本版エプスタイン島であることを告発しようとしていたか。

三浦春馬はクローゼットで首つり自殺をしたと報道されていますが、普通クローゼットで首つりなんてしませんよ。少女の人身売買を告発しようとしてイルミナティに殺された暗殺された可能性大です。

三浦春馬はInstagramの投稿と著書「日本製」でダイイングメッセージのように裏社会の闇を伝えようとしていたのではとも言われています。詳しくはこちら

また「ベネッセ」は皇室とも繋がりが深く、以前から児童誘拐のための個人情報を集めている、日本では裏で悪事を行う中枢的な企業の1つだと指摘されています。

「ベネッセ」=「日本ユニセフ」=「皇室」=「創価学会」の繋がり

RAPT | 急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

「ベネッセ」や「日本ユニセフ」は、RAPTさんが暴かれるまで慈善団体として誰も疑わなかったと思いますが、繋がりを追っていくと確実に「創価学会」と繋がります。

詳しくはこちらをご覧ください

【三浦春馬の死の謎に迫るⅡ】竹中平蔵は出口王任三郎の子孫 パソナ島と化した淡路島も、王任三郎の重視する「エプスタイン島」だった | RAPT理論のさらなる進化形

【殺害事件から1年】三浦春馬を暗殺した黒幕は「竹中平蔵」である可能性大 | RAPT理論のさらなる進化形

そして日本版イルミナティである「創価学会」こそコロナパンデミックを企てた悪の根源なのです。

コロナパンデミックの仕掛け人は「創価」という数々の証拠。 | 本の一歩

コロナより死者の数が絶えないワクチンの製造企業も創価との繋がりが見えてきました。

コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

イルミナティ13血流の1つ【李家】が日本を支配している

イルミナティは13血流で構成されていると言われており、そのうちの【李家】が日本をはじめ、アジアを中心に支配していることが分かりました。

スプリングマイヤーによればイルミナティの頂点に君臨しているファミリーは、イルミナティ13血流と呼ばれており、13家族存在する。

 13家族の各ファミリーは、アスター家、バンディ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデ血流である。

この13家族がイルミナティの頂点に君臨している。さらに13家族に従属する形で、影の世界政府が存在しており、影の世界政府は、行政、司法、立法に分類できるという。

引用元:イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

例えば安倍晋三は父方も母方も李家の人間です。

安倍晋三の系図(李家)

安倍だけではなく、あらゆる政治、経済、芸能、アスリート、各界著名人はみんな繋がっています。

テレビがコロナが危険だと嘘の情報ばかり流すのも、日本のマスコミが完全にイルミナティ(創価学会)に支配されているからです。

以下の動画は非常にショッキングな内容ですが、子ども達が一番信用できるはずの人間から性的虐待を受けていることを証言しています。親、学校、政府機関、警察がグルになっているのと話していますが、日本について調べていっても、実際に警察は明らかに集団ストーカーに加担していますし(こちらから)、政府は完全にイルミナティやフリーメーソンの組織だと言うことがお分かりいただけたかと思います。

【閲覧注意】小児性愛犯罪、児童への性的虐待、悪魔崇拝儀式の実態暴露か!儀式殺人は教会でも行われている!政府機関や学校も関与している実態

財団概要|日本メイスン財団

フリーメーソンは内閣府の管轄下にあるそうです。(こちらから)

これだけ見ても、世界中の支配者たちが繋がり、いかに偽善を装いながら裏で悪事を働いてきたかお分かりかと思います。

米大統領バイデンの娘が父親から性的虐待を受けてきたことを暴露しました。娘アシュリーはトラウマになり、そのせいで薬物中毒になったのではといわれています。またトランプ元大統領に関しても、娘イヴァンカとの関係も限りなく怪しいことがこの記事をお読みになると分かると思います。

【バイデンもトランプも小児性愛者】バイデンは娘に性的虐待 トランプも娘を溺愛し、エプスタインと親友 | RAPT理論のさらなる進化形

こんなに気が狂った凶人たちがこの世の中を支配してきました。

悪魔崇拝者ジョン・レノンも世の中の支配構造を語る

一時期一世を風靡したイギリス出身のグループ『ビートルズ』のジョン・レノンも、悪魔崇拝者の餌食になって相当洗脳されていたようです。彼自身こう話しています。

 世界は狂人によって動かされている 

ジョン・レノン自身、そうとう悪魔崇拝に加担してきたようです。

ビートルズを使った洗脳工作の実態。またはビートルズを大々的に宣伝する村上春樹について。

こんな目を覆いたくなるようなおぞましいアルバムのカバーを作るなんて、普通の人間では考えられません。

イルミナティ達は サタンに洗脳にされた人間を作り、 テレビや小説、漫画あらゆる媒体を通して国民にサタンの考えや思想を洗脳してきました。

元悪魔崇拝者が語る今でも続くハロウィンでの生け贄儀式

ハロウィンは悪魔サタンを拝むための儀式だったことがRAPT理論で分かりましたが、

その儀式に参加していた人が今でも行われているという 幼児を捧げる生け贄儀式のおぞましい 実情を話しています。この映像は少し古いですが今でも行われていることは確かでしょう。

聖書では悪魔崇拝のシーンがあります。神様はそれらを行う民を厳しく注意されています。また聖書には血を飲んではいけないと書かれてあったり、同性愛など、性的な堕落についてもいけないとされています。そんなことしたら人間が堕落し、幸せになれないからです。

彼らはことごとく神様・聖書に書かれていることに反逆しているのです。その経緯について

RAPT | 「悪魔」と「悪霊」の違いについて。「イルミナティ」と「フリーメーソン」の違いについて。(1)

今でも、存在しないコロナを危険だとでっちあげて、非常に危険なワクチンによって人々を殺そうとしているのです。実際にコロナの死者よりワクチンの死者や副反応被害者が大量に出ています。

彼らは確実に分かって起こしていることがお分かり頂けたでしょうか。

2009年2月25日 世界保健機関(WHO)優生学会議におけるヘンリー・キッシンジャーの講演

“ 群衆が、強制ワクチンを受け入れたら、それでゲームは終りだ!

奴等はなんでも受け入れる-血液や内臓を大多数のために強制的に寄付させたり。
大多数のために、奴等の子供は遺伝子操作をして不妊にしてやる。羊の心を支配して、群れも支配するのだ。

ワクチン製造会社は何十億ドルも簡け、今日、この部屋にいる皆の多くは、その投資家だ。

我々双方にとって、非常に好都合。我々は群れの頭数を減らし、奴等は我々の絶滅サービスに金を払う。

さて、ランチは何かね? ” 

引用元:強制ワクチンを受け入れたら・・・ヘンリー・ キッシンジャー

キッシンジャーは2009年の時点で「遺伝子操作をして不妊にする」と話しているようですが

驚くほど今起きていることと同じです。これは偶然ではないでしょう。

こちらはネットに流出した、イルミナティが人口削減について会議している動画です。

このように、これだけ神様に反逆している人達が支配している世の中で、私たちが神様の事を知らずに生きて正しく幸せに生きられるわけがありません。

しかし私もそうですし、神様の考えを御言葉を通して知ったからこそ、何も慌てずに喜んで生きられるのです。

まずはこの現実に1人でも多くの人が気付くことを願います。

この時代にどう生きるべきか。

RAPT有料記事 (rapt-neo.com)

コメント