『宗教』という考え方の転換期。

今まで、宗教と自然現象は全くの別物、むしろ相反するものだと思っていました。

例えば、宗教では神様が人間や世界を作られたと言われますが、学校では人間は猿から進化したと習いますし、
地球や宇宙や天体も、ビッグバンという大爆発によって作られたということが常識になっています。

なので、余計に【宗教】というと 【 現実世界に反した特別な考え方】という認識が頭の中にありました。

皆さんもそうではないでしょうか。

長い間、学校で習うことが嘘であるはずがないという先入観が支配していましたから、結果、宗教の方が異端の考えという認識になってしまったのだと思います。

さらに大本教や生長の家、創価学会、オウム真理教などのカルト宗教が乱立したことで、『キリスト教』もそのうちの一つのように思われていきました。

実際に既存のキリスト教の教会は全て内部から乗っ取られ、教理が破壊されてしまっていますので

余計に日本人が宗教アレルギーになっていったのだと思います。

しかし、RAPT理論で真実が暴かれ、学校で習ってきた事、常識として考えられてきた事の方が嘘だったことが分かりました。 

進化論も嘘、宇宙もない、ビッグバンも嘘だとわかりました。

常識を忘れて下さい。ダーウィンの進化論が嘘である4つの理由

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?

それを画策してきた者達の存在が暴かれたわけです。

真実を塗り替えたのもキリスト教を破壊することも、カルト宗教がたくさん作られたのも、すべて同じ一つの目的であったことが分かりました。

イルミナティ達が、私達が神様に繋がらないようにするために日本人に宗教アレルギーを起こそうとしてきたことも。

更に御言葉によって、神様や本物の宗教であるキリスト教は自然現象とは別物ではなく、むしろ密着していたことが分かりました。

御言葉で神様を知った私たちは

御言葉通りに生きることで神様の存在がより近くなり、

自然も人間もどこまでも御言葉通りに、神様の仰る通りに動いている事に気付かされます。

イルミナティの悪や悪だくみをもすら神様は手の平で転がし、神様の方が 彼らよりも何枚も上手だったことが分かりました。

そんな偉大な 神様の御力をRAPTさんが引き出してくださったからこそ、 次々と彼らの嘘があらわになったのです。

神様は悪人よりも遥かに上の次元でこの世の中を支配してくださっていたのです。

御言葉を読み、神様がどんな思いで私達人間や、この世の万物を作ってくださったか、その深い愛を知ることができました。

RAPT有料記事298(2018年7月30日)この世に楽して成功できる方法は一つも存在しない。真の実力を身につけた者だけが成功できる。

RAPT理論と御言葉によって、神様の真相や本当の宗教の真実が分かりました。

ですので嘘のコロナによって真実に気づき、目覚めた方々、

次は『宗教観』の認識を変える時なのだということを、お伝えしたいと思い書かせていただきました。

本物の宗教であるキリスト教は、どこまでも現実世界に根差した考え方であり、神様の存在も決して絵空事ではないのです。

RAPT有料記事 (rapt-neo.com)

コメント